「由宇子の天秤」が突きつける報道と社会の在り方

春本雄二郎監督が語る衝撃作品を生み出した経緯

9月17日より公開の『由宇子の天秤』。ドキュメンタリーディレクターとして、いじめ自殺事件を追っていた木下由宇子(瀧内公美、写真左)は、学習塾を経営する父(光石研、写真右)から思いもよらぬ事実を聞かされる ©️2020 映画工房春組 合同会社
女子高生いじめ自殺事件の真相を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子が、父から聞いた”衝撃の事実”。由宇子は、究極の選択を迫られることになる――。
瀧内公美、光石研、河合優実、梅田誠弘、丘みつ子ら実力派キャストが集結し、情報化社会を生きる現代人が抱える問題や矛盾を真正面から炙り出した『由宇子の天秤』が9月17日より渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開されている。
同作は、世界三大映画祭の一つである、第71回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門にノミネートされたほか、世界中の映画祭で公開され、高い評価を得ている。そしてこの作品には長編アニメーション『この世界の片隅に』の片渕須直監督や、『ゴーヤーちゃんぷるー』『ソ満国境15歳の夏』の松島哲也監督がプロデューサーとして参加していることも話題となっている。
先の読めない巧みな脚本、観る者をくぎ付けにする役者陣の熱演、そしてラストに観客が突きつけられる究極の問いかけなど、その冷徹な語り口が高い評価を受ける春本雄二郎監督に話を聞いた。

想像力が欠如している現象に興味をもった

――映画を作ろうと思った経緯を教えてください。

2014年に、ある小学校のいじめ自殺事件の加害者の少年の父親と、同姓同名のまったく関係ない他人が実名や職場をさらされるという事件を知ったことからです。いじめの自殺事件自体は知っていたんですが、その事件は知らなかったので、こんなところまで発展してるのかと驚いてしまったんです。

この連載の過去記事はこちら

すごい時代になってしまった、なんでこんなことになるんだろうかと思いました。SNSで攻撃してしまう人たちって、その情報の真偽を確かめないんだろうか。何でそうした人たちが現れてしまうのだろうか。なんで自分とは関係ないのにここまで叩けるのだろうかと。

そうした想像力が欠如している現象にものすごく興味を持った。また、もちろん加害者が悪いのはわかりますが、家族まで責められるのはなぜなんだろうとか。そうしたことを映画にしてみたいなと思ったんです。

次ページだいぶ前から脚本を準備
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT