フェアレディZ/GR86、新型スポーツカー徹底比較 発売間近、最旬FRスポーツ買うならどっち?

拡大
縮小
新型フェアレディZの走行イメージ(写真:日産自動車)

対するフェアレディZは、北米仕様車も車両重量は公開されていないが、従来型で1500~1550kg。新型は、ある程度は軽量化される可能性もあるが、フェアレディZと86それぞれの従来型でも、車両重量は280~290kgと300kg近く86のほうが軽い。新型になって、その差がいきなりぐっと縮まることは考えにくい。

両車はエンジンの排気量や最高出力などにはかなり差があり、よりパワフルな性能を求めるならば、やはりフェアレディZだろう。だがGR86は、車両重量が軽いというメリットがある。スポーツカーでは、パワーだけでなく、車体の重さとのバランスも重要だ。あくまで一般論だが、車体が重ければ重いほど運動性能は劣る。例えば、減速時の制動距離は車体が重いほうが長くなるし、半径が小さいコーナーでは軽くてコンパクトな車体のほうが小回りは利く。

また、後輪で駆動するFR車の場合は、例えば、コーナーをある程度の速い速度で旋回する際に、後輪の横滑りなどで車体が思ったよりも内側に切れ込むオーバーステアになり、スピンなどを起こしやすい。大きなパワーがあり車体が重い車のほうが、アクセルやハンドル操作などに、より正確さや技量を要求される。その意味で、GR86は、パワーが少ないぶん、軽い車体を活かして、誰にでも俊敏な走りを楽しめる点ではフェアレディZより上だろう。

もちろん、こういった性格の違いは一般道ではあまり感じないだろう。だが、両車はいずれもサーキットのスポーツ走行などを楽しむユーザーも多いため、より高次元での走行性能が求められる。フェアレディZも、トラクションコントロールなど先進の電子制御システムにより、かつての大排気量FR車に比べると、格段に乗りやすくなっているはずだ。また、ホイールベースが2550mmで、GR86の2575mmよりも短いため、高い旋回性能を持つことがうかがえる。だが、やはり車両重量の大きな差を考えると、一般的にはサーキットなどではより高度なテクニックが必要となる可能性がある。

スポーツカーらしい内装を比較

インテリアについても、両車にはファンの心をくすぐる工夫がなされている。フェアレディZには、12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイに回転計や速度計などを表示するとともに、シフトタイミングを光の点滅で知らせる「シフトアップインジケーター」も装備。インパネ上にはアナログ式3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)も採用する。

フェアレディZのインテリア(写真:日産自動車)
次ページ未発表ながら2台の車両価格を予想
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT