フェアレディZ/GR86、新型スポーツカー徹底比較 発売間近、最旬FRスポーツ買うならどっち?

拡大
縮小
左がトヨタのGR86、右はスバルのBRZ(写真:トヨタ自動車)

外装は、ベルトラインから水平に通ったフェンダートップによって、FRらしい車両姿勢を表現。水平に低く通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みでワイドなスタンスと低重心を表現する。また、フロントフェイスには、GRブランドの象徴である「ファンクショナル・マトリックス・グリル(FUNCTIONAL MATRIX GRILL)」を採用。よりエモーショナルな顔つきと、空力や冷却効果などの機能性を両立している。

2.4Lの自然吸気の2気筒水平対向エンジン(写真:トヨタ自動車)

パワートレインには、従来型と同様に水平対向4気筒エンジンを採用、ターボ化のうわさもあったが、NA(自然吸気)を踏襲する。ただし、排気量を2.0Lから2.4Lへ増大させたことで、最高出力は200~207psから235psへ、最大トルクも20.9~21.6kgf-mから25.5kgf-mにアップさせている。これらにより、0-100km/hの加速タイムを従来型の7.4秒から6.3秒に短縮し、動力性能を高めた。また、アクセルを踏んだ際のレスポンス向上や、高回転域までストレスなく伸びるフィーリングも実現する。

両車のトランスミッションは、フェアレディZが6速MTと9速AT、GR86が6速MTと6速ATを設定する。最近の自動車はATやCVTを搭載したオートマチック車が全盛だが、スポーツカー愛好家には、アクセル・ブレーキ・クラッチといった3ペダルのMT車を選ぶユーザーも多い。街中や高速道路の渋滞時などでは不便だが、ワインディングやサーキットのスポーツ走行などで、自らが車両を操る感覚をより味わいたいためだ。その意味で、両車はいずれも、スポーツカー好きのニーズにしっかりと応じた仕様を用意する。

新型スポーツカー2台のボディサイズ比較

フェアレディZの車体サイズは、公表されている北米仕様車のデータでは、全長4379mm×全幅1844mm×全高1316mm(いずれもインチ表示をmmに換算)。対する86の車体サイズは、全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm(全高はルーフアンテナを含む数値。ルーフ高1280mm)。全長や全幅はフェアレディZのほうが長く、全高はGR86のほうが低い。GR86の車格はよりコンパクトで、しかも車両重量が1270kg(初代は‪1210~1270kg)‬と軽い。前述のとおり、GR86のデータは開発目標値だが、すでに公開されている新型BRZの公式データと車体サイズは同じだ。車両重量も新型BRZは1260~1290kgだから、おそらくあまり変わらない数値になるだろう。

GR86のサイドシルエット(写真:トヨタ自動車)
新型フェアレディZのサイドシルエット(写真:日産自動車)
次ページ2台のパフォーマンスや内装の違いを比較する
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT