日本人に多い「腸を汚すキノコの食べ方」残念5NG

実は「効果半減」かも…その食べ方で大丈夫?

どんなお料理にも使いやすいきのこ。しかし、腸活でやってはいけない組み合わせがあることをご存じですか?(写真:jEss/PIXTA)
この記事の画像を見る(6枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも9万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が「腸を汚すキノコの食べ方、5大NG」について解説する。

「きのこ」は「菌100%」で腸内環境を整えてくれる

秋になり、「きのこ」を食べる機会が増えてきました。きのこは「食物繊維」が豊富なうえに、腸内環境を整える「菌」そのものを食べられるため、「腸活には欠かせない食べ物」だと考えられています。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

今、話題の「アダムスキー式腸活法」は、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、この2種類を同時に摂取しないことで「腸の詰まりを防ぐ」腸活法です。

このメソッドでは、きのこは「消化管をゆっくりと通過する『スローの食品』」に分類され、「しいたけ」「まいたけ」「えのき」「マッシュルーム」とさまざまな種類がありますが、すべて「スロー」です。このほかに、「肉」「魚」、多くの「野菜」といった食べ物も「スロー」に含まれます。

一方で、「通過の速い『ファストの食品』」には、「トマト」「パプリカ」といった一部の「野菜」、「フルーツ」「はちみつ」などが含まれています。「スローの食品」の「きのこ」を食べるときは、こうした「ファストの食品」との組み合わせを避けることが大切になります。

ここでは「きのこ」の食べ方で、よくある5つのNG組み合わせを紹介します。

次ページ「いつもの炒め物」、実はNG?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT