「新学期の登校辛い子」にぜひ試してほしい3行動

「一人で我慢はダメ」精神科医が教える対処法

つらさを感じたとき、試してみてほしいのが「自分を助ける」ために役立つ3つのステップ。流れの基本は「整理する→つながる→対処する」です。

つらさやストレスを感じたとき、いちばんしてほしくないのが、誰にも相談しないまま我慢してしまうことです。嫌なことも我慢して自分だけで問題を乗り越えることばかりを目指す必要はありません。

3つのステップのうち、最も大切なのが「整理する」段階です。「整理する」目的は、自分に何が起きているのかを知ること。そのうえでどこにつながり、どんな対処をすればよいのかを考えていくことになります。「起こった」(できごと)→「感じた」(感情・感覚・思考)→「どうなった」(変化したこと)の順に整理してみましょう。

休むタイミングに「ちょうどいい」は存在しない

お悩み1:本当は休みたいのに休めない
①起こった:朝、登校準備を始める。
②感じた:体がだるい。学校に行きたくない。休みたいけど休めない、と思う。
③どうなった:無理をして学校に行くけれど、授業に集中できない。

自分をリフレッシュさせるための休みをとる場合、休むタイミングには「早すぎる」と「遅すぎる」しかありません。自分を休ませることに関して、「ちょうどいい」タイミングは存在しないんです。

毎日の生活に必要な冷蔵庫を例にしてみましょう。なんだか庫内が十分に冷えていない気がする……などと思いながらも、「まだ大丈夫」と使い続けたとします。するとある日、電源が入らなくなってしまう。製氷室の氷が溶け出し、床はビショビショ。暑い季節だったら、お肉やお魚も傷たんでしまうでしょう。

「少し調子が悪いけれど、まだ使える」時期に買いかえる決心がつかないのは、早すぎるような気がするからです。でも、完全に壊れてから買いかえたのでは遅すぎですよね。

遅すぎた場合、床掃除をしなければならないし、食品を無駄にしてしまうし、新しい冷蔵庫が届くまでの間、生活が不自由になるし……と、よくないことばかり。「どうしてもっと早く買いかえなかったんだろう」と後悔するはずです。

自分を休ませることも、これと同じです。学校に行きたくないな、今日は休みたいな、と思いはじめた時点では「まだ早すぎる」と感じてしまう人が多いんです。でもそのまま我慢していても、「今がまさに休みどき!」なんて瞬間はやってきません。そして無理を重ねると、心や体の調子を崩してしまう可能性があります。そうなってからでは「遅すぎる」のです。

次ページ休む決断をする目安は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT