哲学者が語る「人がサイボーグになる」の深い意義 「ゼロ地点に立ち返る」ネオ・ヒューマンの思考

拡大
縮小
「哲学者と科学者は、本質的には近しいもの」とは、どういうことなのでしょうか(画像:kuro3/PIXTA)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたこと機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
人間が「サイボーグ」となり、「AIと融合」するとはどういうことか。それにより「人として生きること」の定義はどう変わるのか。
世界で発売直後から話題騒然の『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』が、ついに日本でも刊行された。
本書を読んで「筆者のピーター氏の営みは、本来の意味での『哲学』だ」と語るのが、江戸川大学教授の荒谷大輔氏だ。その見解を聞いた。

ALS患者は「かわいそう」なだけなのか

哲学というのは、哲学書をたくさん読んで知識がたくさんあるだけでは駄目で、実際に既存の価値観を疑い、自分で考え直してはじめて意味があるものだと思っています。世の中の「当たり前」を自らの手で覆し、自らをサイボーグ化したピーターさんは、その意味で哲学者だといえるでしょう。

『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

実際、『ネオ・ヒューマン』では、ALSという難病の問題を「科学技術の発展」という観点から捉え直しています。これはまったく新しい切り口ですね。

私も大学の授業で、ALSを題材にすることがありますが、ALS患者の状態については、これまで「生きる権利」と「福祉」の文脈から語られることが多かったと思います。

ところが、この本には180度違うポジティブさがあります。科学技術を駆使し、自らをサイボーグ化することで、よりよく生きる。そのために自ら社会的な投資をしていくという話になっていて、その投資の恩恵がALSではない人たちにも及ぶという視点も新しいと思います。

次ページ人工呼吸器を「つける/つけない」究極の選択
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT