難病ALSで逝った父が家族に遺した「1冊のノート」

「ネオ・ヒューマン」が人類に与えてくれる希望

ただ、だから親父がダメだったのかというと、そうではないと思います。親父は65歳でしたが、「もう俺は人生やり切った」というものを感じました。

好き勝手に生きて、自分で会社を作り、倒産させて、家族にも迷惑をかけて……良いことも悪いこともいっぱいやったよなと考え、生に対する渇望がそれほどではなかったのかもしれません。

それと比べれば、ピーターさんは、「もっともっと生きる」という感覚が強い。その意思や信念が、彼の思考を作っているとも思います。

僕自身は、まだ道半ばです。もしも今ALSになったなら、どれだけ延命できるかを考えると思います。でも、70~80歳になって、ある程度やりたいことをやり切って、あとは余生だという時ならば、「これも運命か」と考える気がしています。

死後も生き続ける「親父のギャグノート」

僕は、当初、親父をそんなには尊敬していませんでした。良い面も悪い面も、たくさん見てきたので。

ところが、最後の最後に、その評価を完全にひっくり返す出来事がありました。親父が亡くなったあと、病室を整理していたら、よく目につく場所に1冊のノートが置いてあったんです。開いてみると、そこには、とんでもなくくだらないギャグや、どうしようもない下ネタがびっしりと書かれていました。

それを見て、僕たち家族は大笑いしてしまったんです。死後2時間も経たない病室で、看護師さんに怪訝な顔で見られるほどでした。

最後のほうは、字が字でなくなっていて、断念した様子がありましたが、あれを見ると、親父がどれだけ家族を愛していたのかがよくわかります。

すごく頭が良くて、将棋の強い人でした。つねに先の手を考えるので、「俺が死んだらみんな悲しんで泣くんだろうな。早いところ笑わせないとな」と思ったんでしょう。だから、ものすごくわかりやすい場所にそのノートが置いてあったんです。

自分が死ぬことがわかっているのに、遺される家族を笑わせることを考えていた。他人様から見れば、バカな内容かもしれませんが、僕たちにとってはとても重みがあります。心の底から親父を尊敬しました。考えてみると、他人のことを本当によく考える人でした。

ピーターさんは、自分の死後にAIの自分を残すという未来を最終章に描かれていますが、ある意味、親父はアナログでそれを残して、家族に語りかけたようなものだなと思います。

そう考えると、生と死ってなんでしょう。

心臓が止まれば、死ぬということになっていますが、ピーターさんは、心臓が止まってもAIとして生きていればそれはどうなるのという話になります。

次ページ「親父の肉体は亡くなりましたが…」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT