「関東/関西」大抵の人が知らない地理感覚の起源 フロンティアは東にあり!「西高東低」の歴史

拡大
縮小

墨俣は、一夜城で有名な墨俣ですから美濃国。東の権力、鎌倉幕府の支配が及ぶ領域は、この墨俣から東だったということになる。だから「3つの関の東側が関東」という地理感覚は、頼朝の当時にもまだ生きていたのです。

広大な東北に「国」は2つしか置かれなかった

天武天皇が日本全国に「国」を定めたことは、地方行政にきちんと取り組み、日本を均一に治めようという姿勢の証ではあります。しかしそれにしては、あの広大な東北地方に、たった2つしか国が置かれていない。現在の青森県、岩手県、宮城県、福島県からなる陸奥国と、秋田県と山形県にあたる出羽国です。

これでは手抜きと言われてもしようがない。要するに、奈良の都に住む人たちにとって、東北地方については、正直、地理的な知識も薄かった。その実情についてよく知らなかったのだと思います。

平安時代になって、坂上田村麻呂(758─811)が軍勢を引き連れて東北に向かいます。しかしこれも真剣に東北地方を統治下に収めるために軍事行動を行ったわけではなく、実際のところは威力偵察、すなわち調査目的だった。

『日本史の法則』(河出新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

その地の実情を知るために調査隊を出す。その際、非友好的な地域で戦闘を行うことも想定してある程度の規模の兵力を持って進出する。これを軍事の世界では威力偵察と呼びます。たとえば2度にわたってやってきたモンゴル軍も、第1回の文永の役のほうは、あれは威力偵察だったと言われています。

おそらく坂上田村麻呂の軍事行動も、東北の地の完全支配を目指したのではなく、この威力偵察だった。そうしてようやくこの時期になって、朝廷も東北地方の「かたち」を把握するようになってくる。都に対して関東は田舎。そして東北は「さらに遠い田舎」という意識で定着していくことになります。

西は都とそれに準じる先進地域。いっぽう、東国は僻地。よく言えば未開のフロンティア。そうなると、朝廷の秩序のもとでは、もはや出世することが望めない食い詰め者や、新たな可能性を求めて一旗揚げようとする者がどこに向かうかというと、それが関東になる。かつてのアメリカであれば、一旗組は「Go West」で、とりあえずみんな金を掘って一発当てようと西に向かいましたが、日本の場合は「Go East」。朝廷が支配する西から、一旗組は東に向かったのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT