痛快!イケア泉川さんの40歳キャリア

40歳は限界キャリアか、飛躍のチャンスか?

海外投資という仕事柄、海外出張も頻繁で、いよいよ両立が困難になったとき、泉川さんは転職をする決断を下した。

「子どもがいるから、出張が少ない仕事を探すことにしました。でも、どうせやるなら好きな仕事をと、ずっと前から好きだった映画業界に移ったのです」

ここから泉川さんの十数年における「映画業界でのキャリア」が始まった。

安定した職場で、募る「違和感」

外資系映画配給会社の人事担当として10年勤めた後、シネマコンプレックスを運営する英国系映画配給会社に転職。

そこでは最初から人事や経理、総務を扱う管理部門の本部長として勤務し、およそ40人の部下を持つ立場となった。

「ポジションや仕事内容にはとても満足していた」と言う。

「ただ、その外資系企業は、資本参画した企業がある程度成功したらそれを売り、そのおカネで次に投資するという経営方針でした。そして、当初のもくろみどおり、2003年に、会社の株式をある大手日系映画会社に全額売却し、完全な日系企業に変化を遂げたのです。

すると、経営方針もすっかり日本流に変容。決済ひとつ取るのも、十数人の管理職の承認が必要という社風に変わりました。

私自身、『11番目の決裁者』となり、いつしか社員から回ってくる稟議書を見ては、大したことではないのに『あーん、この表現違うんじゃないの?』なんてイチャモンをつけては、書類を戻すような行動を取るようになっていました。

もともと、トップが『OK! GO!』と言えばすぐ決断できるシンプルでフラットな組織になじんでいたので、そんな状況に少しずつ違和感を覚えるようになりましたね」

それでも、抜群の待遇で処されていた泉川さんは、この会社を辞める気はなかったと言う。

だが、偶然の出会いに導かれ、泉川さんは、イケアというまったく違う職場に転じることになるのだ。

※後編「40代で花開く、新しいキャリアがある!」に続く

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。