リアル店舗が「ネットに勝つため」の5つの手段

あえて「入場料を取ることで成功した書店」も

どうすればリアル店舗はネットに勝てるのか?(写真:Rise/PIXTA)
ネットの勢いに押されがちなリアル店舗。しかし方法さえ間違えなければ、ネット店舗以上の売上や知名度を得ることだって可能です。リアル店舗がネットに勝つための5つの方法を、コピーライターの弓削徹さんの新刊『即買いされる技術 キャッチコピーはウリが9割』より一部抜粋・再構成してお届けします。

読者の中にはネットビジネスをされている人のほうが多いかもしれませんが、本項では窮地に立たされているリアル店舗がネットショップに勝つためには、どんなウリの発信方法があるかについて書きます。

近年、商店街などに代表されるリアル店舗はネットショップに押され、苦境に立たされていると言われています。お客様が来店しても、ショールーム代わりに使われてしまうという悔しいことも。

しかし、リアル店舗にはリアルならではのウリをつくることもできるはずです。たとえば、どんどん閉店が進んでいる街の書店。ネット書店のほうには便利なレコメンドの機能があり、また絶版本も買えるなど、リアル書店には分がなさそうです。ところが一方で、ユニークな取り組みで話題となっている書店も生まれています。

「入場料」を取る書店・文喫

東京・六本木にある「文喫」は、入場料を取る書店です。3万点の書籍を陳列し、お茶やコーヒーはおかわり自由。ここへ、1500円(税別)の料金を払って入店します。もちろん、本を買うのは別料金。このスタイルがウケて、休日には入店待ちが出るほどです(土日祝日は1800円なのですが)。

その他にも、人と人が出会えるイベントを開催し、本を買うだけではない立体的な価値を見出している書店があります。イベントとは、たとえば著者によるセミナー開催やサイン会、読み聞かせ会などです。選書サービスをウリにして、何か月待ちにもなっている北海道の書店もあります。出版パーティを書店で開き、著者や編集者たちが集うことも、もはや当たり前になりました。そもそも、書店とは文化の交流する拠点。こうした場所が廃れてはいけないのです。

それに、ダイレクトに店舗の人と会えることは、大きな価値であると言えます。空間自体の価値を高めて活用しなければ、書店に限らずリアル店舗は勝つことができないでしょう。そうした価値は、次の3つの要素に立脚しています。

接客力(商品知識、野菜ソムリエ、シューフィッター、サービス強化など)
商品力(PB、生鮮品強化、地域ならではの品ぞろえ、顧客の声に対応など)
体験力(雑貨・調理器具を試せる料理教室、専門家が指導するヨガ教室など)

こうした魅力から発想していけば、ネットショップに勝つ仕組みをつくることは、それほどむずかしくないでしょう。ただ商品を並べて売るだけでは、価格にアドバンテージを持つネットショップが有利です。

次ページリアル店舗が「ネットに勝つ」5つの方法
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT