ピークはこれから?「ウッドショック」高まる緊張

正念場は9月、木材加工会社は受注先の「選別」も

アメリカの住宅需要拡大により世界的に木材の需給が逼迫し、価格も急騰した「ウッドショック」。木材を大量に使うハウスメーカーやビルダー、中小工務店から悲鳴が上がっている。
会員サイト『東洋経済プラス』のデジタル特集「ウッドショックの波紋」では、ウッドショックにより、各方面へ広がる影響の行方を追った。
以下の記事を無料でお読みいただけます。

住宅木材価格「平時の4倍」の激震

ウッドショックはアメリカで2020年夏ごろからささやかれ始め、日本では2021年3月ごろから表面化した。

ウッドショックがハウスメーカーや中小工務店を直撃している(編集部撮影)

「住宅を建築する木材が足りないため、5月ごろから『普段つきあいのない大手メーカーからプレカット材の発注が入っている』との話題が業界内で出始めた。ハウスメーカーなどは手当たり次第に発注をかけ、木材取引価格は加工業者の言い値になっている」

国内にあるプレカットメーカー関係者が明かすように、大量の木材を使うハウスメーカーや中小工務店が危機感を募らせている。

>>記事はこちら

「次の交渉ピーク9月」へ戦々恐々

「ちょっと情報交換をしませんか」。ある地方の建材会社の幹部は7月はじめ、顔見知りのハウスメーカーから連絡を受けた。指定された高級料理店に向かうと、上座に通され、よもやま話に花を咲かせたという。

急上昇しているプレカット材(加工材)の価格は9月にピークを迎えるとの見方も(写真:ポラテック)

「特に何かをお願いされたわけではないが、『(木材の融通について)今後もよろしく』ということだと思う」(建材会社幹部)

木材の仕入れは6月に交渉の山場を越え、各社は一息を付いた。しかし、あるハウスメーカー幹部は「(次の交渉のピークとなる)9月は大変なことになると覚悟している」と身構える。

>>記事はこちら

「木材のキーマン」が見る価格高騰の行く末

木材の仕入から加工まで手がけるプレカット(加工材)業界最大手のポラテックは、4月から実施していた受注の量的制限を6月21日に解除した。

50年にわたり木材業界に身を置く、プレカット最大手・ポラテックの北大路専務(記者撮影)

一方でプレカット材の取引価格は上昇を続けている。ポラテックと納入先との間での7月の取引価格は1月比で、梁に使う木材で1立方メートル当たり300%、柱に使う木材で1本当たり205%上昇している。

木材業界で50年にわたって仕事を続ける、同社の北大路康信専務は「(木材の)価格のピークは9月、今年いっぱいは高い」と断言する。北大路専務に、ウッドショックの先行きについて聞いた。

>>記事はこちら

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT