日本人が無駄にしている「雨水」は飲めるのか

大量の雨水を利用しないなんてもったいない

雨水を飲んでみようと思ったことはありますか?(写真:shimanto/PIXTA)
この記事の画像を見る(9枚)

「暑い、のど乾いた。何か飲みものちょうだい!」
 「はい、雨水どうぞ!」

こんな場面で、あなたは雨水を飲むだろうか。アクアスフィア・水教育研究所が行った「雨水に関する意識調査」によると「雨水を飲めると思う」人は47%。だが、「実際に飲んだことがある」人は30%だった。何となく飲めるような気がするが、実際に飲んだことがある人は3分の1以下。やはり雨水を飲むことには抵抗感があるのだろう。

「雨水」を使ったソーダが登場

そんな中、雨水を原料とした飲料があると知った。「あまみずソーダ」「あまみずサイダー」がそれだ。キャップを開けると「あまみずソーダ」は、かすかに甘い香り。飲むと普通の炭酸水だが、「やや炭酸強め」に感じる。次に「あまみずサイダー」もゴクリと。こちらはまろやかな甘味のサイダーだ。

「あまみずソーダ」と「あまみずサイダー」(写真:筆者撮影)

それにしても、なぜ雨水でソーダを作ろうと考えたのか。「雨水はきれいであることを知ってもらうために作りました」と話すのは、雨水の専門家集団「あめぐみ」(雨水生活普及委員会)のメンバーの1人である、笠井利浩さん(福井工業大学環境情報学部環境食品応用化学科教授)だ。

この連載の記事一覧はこちら

笠井さんは長崎県五島市にある赤島で「五島列島赤島活性化プロジェクト」を立ち上げていた。日本の水道普及率は98%だが、赤島には水道施設も井戸も湧水もないからだ。どうやって水を得ているかといえば、少量の雨水をためて生活していた。

プロジェクトでは、雨水を活用した給水システムを構築。島の中心部にポリカ波板製の集水面を設置し、自然の流れで水を集落まで運ぶ。空気中の汚れを含んでいる降りはじめの雨はコンピュータ制御で除去。きれいな雨だけを貯留槽にため、ポンプで各家庭へ供給した。

次ページ雨水の「きれいさ」を証明
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT