「最強の身体」目指す人々が余りに多くなった必然

ストレスフルな社会を生き抜く唯一の拠り所

不安定で不確実な世の中を確かに生きていくためにも、まさに「身体が資本」なのだ(写真:jhphoto/PIXTA)

最強の筋トレ、最強の食事、最強の睡眠、最強の瞑想……かつてないほどセルフケア、セルフコントロール市場が盛り上がりを見せている。

画像をクリックすると公開中の連載記事一覧にジャンプします

経済産業省の試算によれば、ヘルスケア産業の市場規模は、2016年に約25兆円だったものが2030年には約40兆円に拡大する見込みだ(平成29年度健康寿命延伸産業創出推進事業調査報告書)。

前記報告書において健康保持・増進に働きかける「知」の分野でとくに拡大が期待される商品・サービスは、ヘルスケア関連アプリとなっており、アプリ市場の成長・成熟に伴う拡大が予測されると指摘したとおり、デジタルヘルス市場はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などのグローバル企業を交えた覇権争いに突入している。

従来と異なる意味を持ち始めた私たちの身体

冒頭に挙げた見覚えのあるキャッチコピーの数々は、高齢化と健康意識の高まりを背景にした近年の消費者ニーズ以上に、私たちの身体が従来と異なる意味を持ち始めていることを表している。

トップエグゼクティブの健康指導を行う世界的に人気のヘルスドクターであるアイザック・H・ジョーンズが「健康というスキル」という言い方をしていることが象徴的だ。彼が最近、元プロサッカー選手の石川勇太と執筆した食事術に関する著書では、「食事を変えることで自分のパフォーマンスを最大化させ、仕事の生産性を高めると同時に、ウイルスや感染症に負けない免疫力を身につけることになる」と銘打っている(『THE EAT 人生が劇的に変わる驚異の食事術』扶桑社)。

ここには、私たちの身体が「健康資本」とも言うべき資産的価値を付与されると同時に、ストレスフルな社会を生き抜いてゆくための唯一の拠り所となっている現実が示されている。

かつて社会学者のアンソニー・ギデンズは、自己の振る舞いの根拠となるものが絶えず検証と修正にさらされ、「なぜこのような生活習慣を選んでいるのか」といった問いから無縁ではいられないことが現代の特徴とした。これをギデンズは、個々人の身体に関して「自分自身の身体をデザインする責任を負うようになった」と表現した(『モダニティと自己アイデンティティ 後期近代における自己と社会』秋吉美都・安藤太郎・筒井淳也訳、ハーベスト社)。

次ページ自分自身の身体をデザインする責任を負うように
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT