女性記者過労死後、NHKで進む「働き方改革」の真実

問われる「社会の木鐸としてのNHK」のスタンス

現時点の職員の声を拾ってみると、「外部パワーが皆無の地方では、あらゆる業務を職員がこなさねばならず、まだまだ大変」などの意見もある。しかし、「休日の取得は容易になった」「連日徹夜が続くということはなくなった」など、改善を実感する声が多い。

他方、若手職員からは、働き方改革による業務の大きな変化に戸惑う声も聞かれる。

たとえば、入局3〜4年目の職員の場合。ある平日夜に放送の30分番組を、3カ月半から4カ月もの長期間をかけて作るのが通常になり、経験が前ほど積めないと焦りの声も聞かれる。いずれ民放のように、正職員は外部の制作会社が作った番組の品質管理に徹し、取材ができなくなるのでは、との危機感を語る現場管理職もいる。

記者職では、スマートフォンのGPS機能を使った勤務管理が始まった。勤務時間の削減で年収が100万円程減った記者も少なくない。

24時間働ける「外部」スタッフ

こうして正規職員の働き方が変わる一方、番組制作に関わる多数の外部スタッフの働き方はどうなったのか。

NHK放送センター周辺のビルにずらりと並ぶレンタル業者の編集室。その入り口には、クライアントであるNHKのレギュラー番組名と利用時間が記されている。

〈○○様 9:00〜33:00〉
〈□□様 9:00〜33:00〉
〈△△様 9:00〜33:00〉

 

33時とは朝9時のこと。文字通り24時間、“外部スタッフ”は、誰にとがめられることもなく働くことができる。

午前はスタジオでA番組の仕上げ。午後はB番組の打ち合わせや取材。夕方頃編集室に戻り、編集マンがつないだC番組の映像に合わせて、ナレーションを書いたりCGを発注したりする。そのまま編集室で数時間仮眠して、再び同じような1日が始まる。過労の限りを尽くしてきたベテラン編集マンが、脳出血などで倒れるケースも見られる。

NHKが言う働き方改革とは、結局「正職員」だけのものなのか。「NHK全体」の働き方改革が進んだといえるのか。

次ページ「私は何ひとつ納得していません」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT