過労死「31歳NHK記者」を追いつめた選挙取材の闇

NHK報道の二大柱「選挙と災害」その現場の過酷

2013年7月にこの世を去ったNHK首都圏放送センター記者、佐戸未和さん(享年31)。
代理人の弁護士が勤務状況を精査したところ、亡くなる直前1カ月の時間外労働時間は209時間、2カ月前は188時間にも及んだ。当時、彼女が担当していたのは都議選と参院選の取材だった。選挙取材の何が彼女を追い詰めたのだろうか。
5回に分けて公開する1時間のドキュメンタリー映画『未和 NHK記者の死が問いかけるもの』連載の2回目。
連載1回目:31歳NHK女性記者「過労死」8年苦しむ遺族の証言
ドキュメンタリー映画『未和 NHK記者の死が問いかけるもの』第2回

(外部配信先では動画を閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンラインのサイト内でご覧ください)

NHK報道の「二大柱」

NHK記者が新人研修のときから教え諭される文言がある。

〈選挙と災害はNHK報道の二大柱となっており、報道部門にいる職員はその重要性を深く心に刻み、公共放送としての使命を達成するため日々業務にあたっている〉

選挙の業務とは何を指すのか。佐戸記者の上司だったNHK都庁クラブのキャップはこう説明する。

「選挙にかかる業務の大目標は、正確に当確判定するということです」

「選挙と災害」と言い切られるだけでも違和感を覚える職員はいる。災害はわかるが、人権や福祉・教育、経済や国際情勢も大事だろう、と。もちろん、選挙が重要ではないとは言わない。しかし、当確判定は二の次で、選挙の争点を明らかにし、各政党・候補者の政策を分析して伝えることに尽力すべきではなかろうか、と。

次ページ政党幹部に流される票読み情報
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT