31歳NHK女性記者「過労死」8年苦しむ遺族の証言

「娘はなぜ死んだのか」遺族が問い続ける理由

NHKの女性記者が過労死していたーー。世間を騒がせた公表から4年がたったが、まだ解決していない問題がある。

遺族は、「娘はなぜ死んだのか。真実を知りたい」と願い、NHK自らが検証番組を制作し、真相を伝えることを望んでいる。番組の実現を期待して、4年にわたり遺族を追った1時間のドキュメンタリー映画『未和 NHK記者の死が問いかけるもの』を5回に分けて公開する。

ドキュメンタリー映画『未和 NHK記者の死が問いかけるもの』第1回

(外部配信先では動画を閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンラインのサイト内でご覧ください)

「未和はNHKを愛していました」

2013年7月、NHKの記者がこの世を去った。佐戸未和(さど みわ)さん、享年31。東京の首都圏放送センターに勤務していた彼女が音信不通になったのは、参院選の取材を終えた3日後。不審に思い駆けつけてきた婚約者によって自宅で発見された。

翌年、渋谷労基署が過労死と認定しNHKは臨検を受けた。しかし、職員の多くはNHKで過労死が起きていたという事実を知らされず、遺族の声を受けNHKが外部公表したのは4年後のことだった。

『未和 NHK記者の死が問いかけるもの』5回連載の1回目です

この映画『未和』を監督することになった筆者は、フリーランスの映像制作者として長くNHKで働いている。公表後、記者の実家を訪ねると、「未和はNHKを愛していました。仕事に誇りを持っていました」と、母の恵美子さんが話してくれた。NHKを思う気持ちは、筆者も未和さんと同じだ。

「今まで見たことがない世界を見たい」と、NHKの就職申込書に書いた佐戸記者。

入局9年目。記者人生まさにこれから、という時に生を絶たれた無念さはいかばかりか。せめて彼女の記録を残したいと、筆者は関係者への聞き取りを始めた。その成果をまとめた書籍『未和 NHK記者はなぜ過労死したのか』(岩波書店)に続き、今年5月にこの映画が完成した。

この連載1回目の映像には、佐戸記者の携帯電話から見つかった動画が登場する。

「鹿児島局のみなさん、お久しぶりです。30歳を目前に脂身よりも赤身のおいしさに目覚めた佐戸です」

次ページ遺族は納得していない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT