評価額2億円!幻のバイクを持つ男のスゴい半生

世界に1台のみドゥカティ社「アポロ」を公開

幻のバイク「アポロ」を所有する岩下洋陽さん(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

大分県・湯布院の街並みを見下ろす丘の上に「岩下コレクション」という個人運営の博物館がある。館内には、戦前から高度経済成長期に生まれた日本や世界のヴィンテージバイクが並び、その収蔵数・希少価値は国内屈指のレベルだ。

さらに昭和を彩った大衆文化財や俳優・高倉健関連のコーナー、海外のステンドグラスと所蔵品は幅広い。オーナーの岩下洋陽さんは「未来は歴史に学べ」の理念のもと、約40年かけてこれらの品々を集めてきた。

個人でこれだけの収集を行ってきた裏側には、決して平坦ではない道のりがあったはずだ。「岩下コレクション」で、所蔵品と今までの紆余曲折について話を伺った。

時価評価額2億! 世界に1台しかない幻のバイク

「岩下コレクション」が紹介されるとき、必ず話題に上がるのが世界で一台しかないバイク・ドゥカティ社のアポロの存在だ。まずは “幻のバイク”と言われ、時価評価額2億円にもなるアポロの話をしておこう。

アポロは1963(昭和38)年、イタリアのドゥカティ社が社運をかけて開発したバイクだ。ハーレーダビッドソンが独占していたアメリカの白バイ市場に投入すべく誕生。最高時速200キロオーバーと圧倒的速さを誇ったが、経済状況が悪くなったことなどが重なり、1台の試作車を作ったきりになった。まさに“幻のバイク”だ。

世界に1台しかないドゥカティ社のアポロ(写真:著者撮影)

その“幻のバイク”がここにあるのは35年前、岩下さんの友人がアメリカのヴィンテージショップに流れているのを見つけて連絡をくれたのがきっかけだ。

「その頃僕はバイクの博物館を造ろうとバイクを集めていて手持ち資金が底をついていたので、経営する工場の一番大きなプレス機械を売却してお金をかき集めました。送金して3カ月後手元に届きました」

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

それにしても、なぜ岩下さんはバイク博物館を造ろうと思っていたのだろうか? その半生を辿っていくと、小さな村に生まれた少年がバイクに魅せられて、バイクによって世界を広げてきた青春時代があった。

次ページ「月光仮面」のバイクに憧れた少年時代
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT