EV大手テスラが中国で「28万台リコール」の真因

最悪の場合衝突事故を引き起こす可能性も

中国の国家市場監督管理総局は6月26日、アメリカのEV大手のテスラが届け出たリコールの情報をウェブサイトで公表した(写真はテスラのウェブサイトより)

中国の国家市場監督管理総局(市場監管総局)は6月26日、アメリカの電気自動車(EV)大手のテスラが届け出たリコールの情報をウェブサイトで公表した。対象は小型セダンの「モデル3」と小型SUVの「モデルY」の2車種で、合計28万5520台。走行速度の自動制御システムであるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に不具合があり、特定の状況下で車両が急加速することがありうる、としている。

より具体的には、リコール対象車のシフトレバー(訳注:ACCのスイッチを兼ねている)がドライブレンジに入っている状態で、ドライバーがシフトレバーを動かした場合、または誤ってシフトレバーに触れて動かしてしまった場合に、ACCの誤作動が起きうるとしている。

また、誤作動が起きたとき、ACCに設定していた速度がその時点の走行速度もより速いと、車両は急加速を始める。するとドライバーが動転してしまい、最悪の場合には衝突事故を引き起こす可能性があるという。

テスラは市場監管総局より遅れてリコールを発表

ACCは自動車の運転補助システムの1種で、スイッチを入れると、車両はドライバーがあらかじめ設定した速度の範囲内で走行スピードを自動調整する。前方を走るクルマが減速しても、(自動的に速度を落として)安全な距離を保ちながら走行を続けることができる。

本記事は「財新」の提供記事です

テスラは市場監管総局よりも、やや遅れてリコール情報を公表した。それについて同社は「自発的にリコールの届け出を行い、それが市場監管総局に受理されたタイミングで発表した(ために市場監管総局より公表が遅れた)」と釈明した。

今回のリコールは6月27日から実施する。テスラによれば、ACCの改善はインターネット経由で車載ソフトウェアをアップデートするOTA(オーバー・ジ・エアー)方式で行い、リコール対象車をディーラーに持ち込む必要はないという。今後同社は、ACCが作動する条件を見直し、起動時と終了時に警告を出す機能も追加するとしている。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は6月26日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT