EV大手テスラが中国で「28万台リコール」の真因

最悪の場合衝突事故を引き起こす可能性も

中国の国家市場監督管理総局は6月26日、アメリカのEV大手のテスラが届け出たリコールの情報をウェブサイトで公表した(写真はテスラのウェブサイトより)

中国の国家市場監督管理総局(市場監管総局)は6月26日、アメリカの電気自動車(EV)大手のテスラが届け出たリコールの情報をウェブサイトで公表した。対象は小型セダンの「モデル3」と小型SUVの「モデルY」の2車種で、合計28万5520台。走行速度の自動制御システムであるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に不具合があり、特定の状況下で車両が急加速することがありうる、としている。

より具体的には、リコール対象車のシフトレバー(訳注:ACCのスイッチを兼ねている)がドライブレンジに入っている状態で、ドライバーがシフトレバーを動かした場合、または誤ってシフトレバーに触れて動かしてしまった場合に、ACCの誤作動が起きうるとしている。

また、誤作動が起きたとき、ACCに設定していた速度がその時点の走行速度もより速いと、車両は急加速を始める。するとドライバーが動転してしまい、最悪の場合には衝突事故を引き起こす可能性があるという。

テスラは市場監管総局より遅れてリコールを発表

ACCは自動車の運転補助システムの1種で、スイッチを入れると、車両はドライバーがあらかじめ設定した速度の範囲内で走行スピードを自動調整する。前方を走るクルマが減速しても、(自動的に速度を落として)安全な距離を保ちながら走行を続けることができる。

本記事は「財新」の提供記事です

テスラは市場監管総局よりも、やや遅れてリコール情報を公表した。それについて同社は「自発的にリコールの届け出を行い、それが市場監管総局に受理されたタイミングで発表した(ために市場監管総局より公表が遅れた)」と釈明した。

今回のリコールは6月27日から実施する。テスラによれば、ACCの改善はインターネット経由で車載ソフトウェアをアップデートするOTA(オーバー・ジ・エアー)方式で行い、リコール対象車をディーラーに持ち込む必要はないという。今後同社は、ACCが作動する条件を見直し、起動時と終了時に警告を出す機能も追加するとしている。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は6月26日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT