大人もわかっていない「いじめとは違いの否定」だ

学校で、職場で「唯一絶対主義」に陥る人たち

いじめを引き起こす教育の問題点や、わが子が不登校になったときの対応について、児童精神科医の門眞一郎さんが講演されました(写真:不登校新聞)
オンライン講座「発達障害といじめ、そして不登校~他者の違いをプラスに考える~」(主催/NPO法人あくしゅ)の講演抄録を掲載する。講師は児童精神科医の門眞一郎さん。門さんは長年にわたり自閉症の子どもや不登校の支援を続けてきた。いじめを引き起こす教育の問題点や、わが子が不登校になったときの対応について語られた。

今日はいじめ、発達障害、不登校の3つについて、お話しします。それぞれ異なるテーマではありますが、これら3つは相互に関係しています。まずは、いじめについてお話します。

当記事は不登校新聞の提供記事です

みなさんは2011年10月に起きた「大津いじめ自殺事件」を覚えていますか。滋賀県大津市内の中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺するに至った、たいへん痛ましい事件です。

この事件を契機に、国は児童生徒を自殺に追い込むような状況を変えなければいけないと、2013年にいじめ防止を目的とする組織の設置などを学校に求める「いじめ防止対策推進法」という法律を制定しました。ところが2017年には全国の小中高校で約41万件のいじめが把握され、過去最多を記録。現在もいじめは増え続ける一方です。

いじめとは「ちがい」の否定

そもそもいじめとは、なんでしょうか。いじめの定義に関しては、さまざまな見解がありますが、私は以下のように捉えています。いじめとは、「相手に自分とのちがいを見つけ、そのちがいにマイナスのラベルを貼り、相手に攻撃・排除・否定・無視などをすること」。

要するに人それぞれが持つ個性や特性といった「ちがい」を、マイナスに捉えて、相手を否定する行為です。法的な対策を整備しても、いじめが絶えないのは、「ちがい」をよくないものとする考え方を、学校教育がつくり出していることに原因があると私は考えます。

従来の学校教育は「唯一正解主義」の世界です。正解は1つだけであり、わずかでもちがえば誤答であるという考え方です。こうした考え方を小学1年生からたたき込まれるわけですから、ちがいをマイナスなものとして認知してしまうのも無理ないですし、それを人間関係に応用すれば、いじめに発展するのは至極当然なことだと思うのです。

次ページ「ちがい」を否定する教育から、肯定する教育に転換を
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT