中川翔子「私が母にいじめを言えなかったワケ」

子どもからのSOSを見逃さないでほしい

中川翔子さんが今伝えたいこととは?(撮影:今井康一)
『しょこたん』の愛称で親しまれている中川翔子さんは、10代の頃に壮絶ないじめを受けていた。いじめの舞台になったのは、中川さんの母の母校でもある私立女子校だった。母親との関係は良好だったが、いじめられていた事実をなかなか伝えられず、引きこもりがちになったという。
いじめ体験をつづったイラスト付きエッセイ『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋)が話題を集めている中川さんに、親や周囲の大人が、いじめのSOSを察知するにはどうしたらいいか、自衛の手段はないか聞いた。

タイトルに込めた思い

――『死ぬんじゃねーぞ!!』というタイトルは、呼びかけとしては強い言葉ですよね。タイトルに込めた思いは。

ライブのときに、自然と口から出た言葉なんです。お客さんが笑顔で応援してくれる様子を目にして『いじめは本当につらかったけれど、今まで生き抜いてきて、本当によかったな』と心の底から思って。いじめを苦に、死ななくてよかった。来てくれたお客さんも、全員今まで生きててくれてよかった、という思いがあふれたんです。ライブは、私自身が初めて「生きること」を肯定できた瞬間でした。

――中学時代に受けた陰湿ないじめは、ステージ上でも思い出してしまう一生の傷だったのですね。

私も、大人になってからもずっと引きずられていましたね。いじめを受けていた頃には、先を考える余裕もなかったんです。大人になってからこんな幸せな未来がくるなんて、まったく想像つかなかったんですよ。

いじめは、解決したら終わりというわけではありません。思春期の子どもの心って、ガラスみたいに透明で、簡単にヒビが入ってしまうんです。いじめられている子は、「いかに今を生き延びるか」を考えています。

「卒業するまでの間だから」とか言われても、明日、明後日と学校に行く毎日が地獄。時間軸も、大人と感覚が違うんですよ。「この5分休み、独りでどう過ごせばいいんだろう」とか、学校にいるわずかな時間がすごく長く感じるんです。すべての大人は、加害者じゃなくて被害者を守ってほしいです。

次ページ信頼できる相手と一緒に笑い合う時間は本当に大事
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。