描ける?藝大「奇想天外な入試問題」に隠れた意図

藝大美術学部に個性豊かな人材が集まる理由

東京藝術大学美術学部の入試で問われることとは(写真:ABC/PIXTA)
似たような偏差値や学力、思考の人々が集まりがちな日本の大学において、東京藝術大学美術学部は特異な存在です。1浪・2浪は当たり前。40代・50代の学生も見られ、偏差値でいえば40台から70台までが一堂に会しています。学生1人ひとりが個性的でユニークな同学部は、まさに「究極のダイバーシティの教材」。同学部にはなぜ、そんなにも個性的な人材が集まってくるのでしょうか。本稿では、『東京藝大美術学部 究極の思考』の著者、増村岳史氏が、藝大の過去問や出題意図から常識にとらわれない逸材が集まる理由を解説します。

バラエティ豊かすぎる合格者

東京藝大の絵画科油画専攻の競争倍率は常に17〜20倍、時には30倍以上の年もあるという、日本の大学の中で最も競争率が高い学科です。競争率が高いといわれる早稲田大学でも6〜7倍程度。この日本で最も狭き門をくぐり抜けて合格する人は、どのような人なのでしょうか?

一般の大学と比べると、入学するまでの経歴がユニークな人が多いのが特徴です。私がインタビューした油画専攻の藝大生・卒業生のうちの一部に限っても、次のようなユニークなプロフィールの方々が多々います。

・高校卒業後に美容専門学校に行き、ヘアメイクのアシスタントの仕事を経て入学した人
・高校卒業後にフリーターを経て肉体労働の職を数年したあとに絵を学びたくなり、入学した人
・企業を早期退職した元メーカーエンジニアの人
・親から「女に教育などいらん、もし大学に行きたかったら東大か藝大であれば学費を払ってやる」と言われ、「なんとなく絵を描くほうが向いてる」と思い高校時代に絵を描き始めて入学した人
・農業高校で花に興味を持ち、花の美しさに感銘を受けて入学を志した人

私の周りだけでもこれだけバラエティに富んでいるので、探せば「元○○」の藝大生はもっと多いはずです。また、ほかの美術系の大学にいったんは入学しながらも、仮面浪人を経て入学する人がいるのも特徴です。

藝大は、一般の大学のように偏差値に基づいた定量的な基準がないため、多種多様な人々が集まる「究極のダイバーシティな場」というべき大学なのです。では、どのような基準で、どのような試験を経て入学が許可されるのでしょうか。

一般的に入学試験には、「お受験」と呼ばれる小学校受験から、中学入試、高校入試、そして大学入試に至るまで、必ず学校ごとの傾向があります。当たり前ですが、傾向があるからこそ対策が立てられるわけです。皆さんも、志望校の入試の過去問を解いて、受験の傾向と対策をしたはずです。

しかしながら藝大の美術学部、特に油画専攻においては、明らかな傾向がまったくみられない変幻自在な入試問題が毎年出題されるのです。

次ページどんな問題が出されているのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT