小此木氏、「横浜市長選出馬」の複雑怪奇な舞台裏 横浜へのカジノ誘致反対で菅首相に反旗か

印刷
A
A
6圧25日、閣議に臨む菅義偉首相(中央)と小此木八郎国家公安委員長(右)(写真:時事)

国家公安委員会の委員長を務めていた自民党の小此木八郎衆院議員(56=神奈川3区=)の横浜市長選(8月8日告示・22日投開票)出馬が永田町に波紋を広げている。

閣僚を辞職しての市長選出馬は極めて異例のこと。菅義偉首相(神奈川2区)の最側近でありながら、菅首相が目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の横浜誘致に反対を表明したからだ。

しかも、国家公安委員長は目前に迫る東京五輪・パラリンピック警備の最高指揮官でもある。与党内では「東京五輪直前の辞職はありえない」(有力閣僚)との批判が噴出する一方、野党からは「菅政権の内部分裂の始まり」(立憲民主幹部)との声が出る。

IRの横浜誘致反対を明言

小此木氏は6月25日、菅首相と官邸で会い、横浜市長選への出馬を理由に閣僚の辞表を提出。その後の記者会見で「コロナ対策の途中での退任なので、無責任のそしりは免れないが、横浜市長選に力を傾ける。私自身の政治判断だ」と出馬への決意を語った。

さらに、同日夕には横浜市内での記者会見で、争点になっている横浜港・山下埠頭(ふとう)へのIR誘致について、「取りやめる」と明言した。IRは菅政権の観光政策の目玉だが、小此木氏は「IR自体は賛成だが、横浜では信頼が得られず、環境が整っていない」と反対の理由を説明した。

小此木氏は、菅首相が父親の彦三郎氏(故人)の秘書だったことなどから、最側近とみられている。自らの方針に逆らう形でのIR横浜誘致反対での小此木氏の市長選出馬に、菅首相はしばらく沈黙したうえで、「わかった。お疲れ様でした」と辞職を了承したとされる。

次ページ後任の国家公安委員長に棚橋氏
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT