窮地の安倍首相を悩ます「小泉父子鷹の乱」

一匹狼の父と優等生の息子は最強の「父子鷹」

小泉進次郎氏は3月25日の自民党大会でも記者から質問攻めに(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「森友疑惑」の再炎上で安倍晋三首相への国民の不信、不満が高まる中、小泉純一郎元首相とその次男の小泉進次郎自民党筆頭副幹事長の言動が物議をかもしている。

森友問題に関わる財務省の公文書改ざん事件について、純一郎氏は「(財務省が)忖度したんだよ」と断言し、進次郎氏は「権力は必ず腐敗する、ということではないか」などと政権全体の責任との見方を強調する。窮地に立つ首相にとってはいずれも耳が痛い発言で、永田町では「小泉父子鷹の乱」(自民幹部)とのささやきも広がる。

政権側は「恩師」と「立役者」の批判にだんまり

もちろん、両小泉氏は「政治家としてはまったく別人格」(純一郎氏)とそろって、"連係プレー"を否定する。しかし、父は元首相で息子は「未来の首相」が確実視されるという父子の発信力の強さは、両氏の国民的人気を背景としたもので、その時々の発言が政権運営に与える影響も小さくない。1強政権維持の源泉ともされた言論封じも、「独立独歩」を自任する小泉父子には通用しそうもなく、首相サイドは肩をすくめて発言を見守るばかりだ。

政権危機を招いた公文書改ざん事件が表沙汰になった3月12日、自民党筆頭副幹事長として党運営の中枢にいる進次郎氏は、「(公文書を)書き換えた事実は重い」と指摘し、「国会議員なら、なんで書き換えたのか、それを知りたいと思うのは当然だ」と国会での真相究明を強い口調で訴えた。

一方、翌13日にテレビの情報番組に出演した純一郎氏は、当時の財務省理財局長として改ざんを指示したとされる佐川宣寿氏の国税庁長官起用を、「首相も麻生さんも適材適所と何度も言い切った。これには呆れたね。判断力がおかしくなっている」と口を極めて批判。さらに「(昭恵夫人が)関係していると知っていたから、答弁に合わせるために改ざんを始めた。(財務省が)忖度したんだよ」と断じた。

総理・総裁経験者と党幹部の一員の「政権批判」ともとれる発言だけに、メディアはこぞって大きく取り上げた。いつもなら、政権側はすぐ反論や批判で抑え込むはずだが、菅義偉官房長官も含めて表舞台では「だんまり」を決め込んだ。首相にとって、純一郎氏は「(首相に)後継指名してくれた恩師」で、進次郎氏は昨年秋の衆院選自民圧勝の立役者だ。このため、国政選挙5連勝を誇る1強政権で、自民党内に蔓延していた「物言えば唇寒し」の雰囲気などは気にしない小泉父子の言動は「首相らも黙認せざるを得ない」(官邸筋)からだ。

次ページ進次郎氏を「30年前の安倍さん」と眞紀子女史
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。