「Windows 11」が挑むグーグルとの真っ向勝負

6年ぶり大刷新、アプリストアはアマゾンと提携

オンラインでの発表会見に登壇したパノス・パネイ最高製品責任者。コロナ禍でPC端末の重要性が高まっていることを強調した(写真:マイクロソフト)

「Windows(ウィンドウズ) 10」は最後のウィンドウズではなかった。

アメリカのマイクロソフトは6月24日、6年ぶりに大幅刷新したパソコン(PC)向けOS(基本ソフト)「ウィンドウズ11」を発表した。今年後半から対応するPCで無料アップデートが行われる。

2015年のウィンドウズ10発表当時、同社は「これがウィンドウズの最後のバージョンとなる」と述べていた。数年に1回の大幅刷新ではなく、ウィンドウズ10という名称のまま、開発のサイクルを早めて年2回の機能更新を行う方針としていた。

だが今回、マイクロソフトは前言を撤回し、新たなバージョンを打ち出した。それだけウィンドウズが変化したことを世界中に印象づける必要があった。

時価総額は一時2兆ドルを突破

背景にはコロナ禍でテレワークが浸透し、PC市場での競争が再び過熱したことがある。アメリカの調査会社・ガートナーによれば、2020年の世界のPC出荷台数は前年比4.8%増の2億7500万台となり、過去10年で最大の伸び幅だった。

「(コロナ禍の)過去1年半でPCは仕事や勉強、人とのつながりを強める重要な役割を果たした」。マイクロソフトのパノス・パネイ最高製品責任者は発表会見でそう語った。ウィンドウズ11への期待から、同社の株価も大きく値を上げ、発表当日の6月24日には終値ベースで初めて時価総額が2兆ドルを突破した。アメリカのアップルに続く快挙となる。

ウィンドウズ11ではテレワークを意識した機能の刷新が目立つ。まずビデオ会議・チャットソフトの「チームズ」はOSの基本機能となり、ユーザー自らインストールをする必要がなく、タスクバーのアイコンをクリックするだけですぐ起動できるようになった。

従来タスクバーの左端に位置していた「スタートメニュー」はバーの中心に移動した。ここからスマートフォンなど別の端末で直前に編集した「ワード」や「エクセル」などのファイルを表示でき、PCだけでなくクラウド上にあるファイルも簡単に扱えるようにした。

次ページウィンドウズのシェアは縮小傾向
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT