三菱重工の自信作、「さやえんどう」の秘密

台風余波で大荒れの長崎に行ってみた

ゴライアスクレーンの下で。大雨のため、この写真だけが一行の撮影。残りは三菱重工のご提供

ドックには、それをまたぐように大きな門状のクレーン、ゴライアスクレーンがそびえ立っている。最大のものは1200トンを持ち上げる能力を持っている。地元の雄・福山雅治氏の体重を70キロと仮定すると、1万7000人分だ。

それをここまで近くで見るのは初めてだ。門の字でいう右足と左足の間は185メートル離れている。高さはおよそ100メートル。見上げるとくっきりと白地に赤の三菱マーク。その白地の部分の大きさは、テニスコート1面分あるそうだ。

ゴライアスクレーンは、遠方からも目立つので「あ、あれはきっと造船所に違いない」という判断の基準になる。見る度に感じていた「あのクレーンの足元はどうなっているのか」という疑問が、今日、解消した。基礎のコンクリートと一体化しているわけではなく、基礎の上に置かれている。基礎工事も大変だったに違いない。

旧約聖書に登場する巨人の名前がついたこのクレーンの下には、長さ約1キロ、幅約100メートルのドックがあり、そこで建造されているのが、今回の目当てのさやえんどうだ。2隻ある。1隻はほぼ完成しているように見えて、もう一隻ではさやえんどうのさやの部分などが造られている。さやのなかには、豆にあたるタンクが収められる。

燃費との戦い

ところで、なぜむき出しだった豆をさやの中に入れようと思ったのか。そこには、燃費との戦いがあった。

LNGの日本への輸入が本格化した1960年代、LNG船の貨物容積は7万立方メートル級だった。それが徐々に大型化し、現在では3倍近くの20立方メートルを超えるクラスもある。たくさん積めれば輸送効率は上がるが、受け入れ基地などの都合もあり、大きくさえすればいいというわけではない。

また、多くを運ぶには多くの燃料が必要になる。燃費を抑えるには、タンクは大きくしても、船全体は軽くし、また、空気抵抗の少ない設計にする必要がある。

そこで、さやえんどうが登場したのである。従来のLNG船には主に2タイプがあった。そのうちのひとつが、おなじみの豆だけがポコポコ並んだモス型と呼ばれるタイプ。歴史があり、メンテナンスしやすく信頼性も高いというメリットがあるが、タンクのカバーが重い割に船体強度に貢献せず、空気抵抗も大きいというデメリットがある。

次ページいいとこどりのさやえんどう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT