日本一「リッチ」な村の手厚いコロナ支援の中身

水道基本料金免除、高齢者に商品券1万円…

東海インターチェンジと名港潮見インターチェンジ、飛島インターチェンジの間にかかる名港トリトン(写真:yako/PIXTA)

このままだと数年以内に財政破綻(企業でいう倒産)の恐れがある──。5月下旬、京都市の深刻な財政状況が公表され、注目を集めた。

地方の過疎自治体だけでなく、全国に20ある政令市をみても財政状況(各種指標)が京都に近い、あるいはより深刻な市がいくつもある。コロナ禍の影響で自治体の財政負担が増すなか、いつ「倒産」する自治体が出てきてもおかしくない。自治体の財政が危機的状況になれば、住民サービスの低下に直結するだけに、京都市のケースは決してひとごとではない。

一方で、税収に恵まれ財政に余裕がある自治体も少数ながら存在している。全国1700以上ある地方自治体の中で、唯一、財政力指数(地方公共団体の財政力を示す指数、全国市町村平均は0.51)が2.0を上回り、「日本一リッチな村」として有名なのが、愛知県西南部にある飛島村だ。人口は4777人(6月1日現在)で、面積は約22.42㎢しかない。「小さくてもキラリと光る村」を標榜している。

「飛島村」ってどんな村?

日光川を挟んで名古屋市に隣接し、北部の農村地帯と南部の臨海工業地帯の2つの顔を持つ。臨海工業地帯は名古屋港の物流拠点となっていて、輸送関連、倉庫、木材関連、鉄鋼関連などの事業所や火力発電所が存在。そのほか、トヨタ自動車の物流センター、三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所の工場、UCC上島珈琲の名古屋工場などがある。この臨海工業地帯の存在が同村の豊かな財政を支えているわけだ。

次ページ飛島村の手厚い「コロナ支援策」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT