中国、5月の「生産者物価指数」が急上昇の波紋

原油や金属の値上がりと旺盛な内需が背景に

中国の2021年5月の生産者物価指数(PPI)は約12年半ぶりの高水準に急上昇した(図表作成:財新)

中国の生産者物価の上昇が加速している。中国国家統計局が6月9日に発表したデータによれば、2021年5月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比9.0%上昇。2008年10月以来、約12年半ぶりの上昇率を記録した。

財新が金融機関やシンクタンクなど17社に実施した事前調査では、5月のPPI上昇率の予想平均値は8.3%。予想値の最低は7.5%、最高は8.8%だった。つまり、実際の上昇率はアナリスト予想の最高値を上回った格好だ。

PPI急上昇の主因は、原油、鉄鉱石、非鉄金属などのコモディティ相場の大幅な上昇だ。中国の内需は引き続き旺盛であり、(原材料の値上がりの転嫁を通じて)工業製品の価格上昇に歯止めがかからない。

前月比の上げ幅は過去最高を更新

業種別では「石油・天然ガス採掘業」の生産者価格は前年同月比で99.1%の顕著な上昇を記録した。「鉄鋼精錬・圧延加工業」「石油・石炭・その他燃料加工業」「非鉄金属精錬・圧延加工業」「石炭採掘・選別業」「化学原料・化学製品製造業」なども、生産者価格の上昇率が前年同月比20~40%に達している。

本記事は「財新」の提供記事です

なお前月との比較では、5月のPPIの上昇率は1.6%を記録。4月(0.9%)より0.7ポイント拡大し、1カ月間の上げ幅としては統計開始以来の最高値を更新した。

前月比のPPI上昇の背景も、やはりコモディティの値上がりだ。国際原油価格の上昇を受け、5月の石油・天然ガス採掘業の生産者価格は4月より1.7%上昇、上げ幅は同1.3ポイント拡大した。また、鉄鉱石やコークスなどの原材料の高騰で、鉄鋼精錬・圧延加工業の生産者価格は4月より6.4%上昇、上げ幅は同0.8ポイント拡大した。

(財新記者:程思煒)
※原文の配信は6月9日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT