ホンダ「新型ヴェゼル」買うならどのグレード?

ハイブリッドメインのランナップでどう選ぶか

ホンダ「新型ヴェゼル」のスタイリング。価格は、227万9200円~329万8900円(写真:ホンダ)

現在、大人気のジャンルに成長したクロスオーバーSUV。その中でも、SUVらしい安定感とクーペの流麗なフォルムを両立させた「クーペSUV」は特に高い人気を誇っている。そんなクーペSUVの中でもコンパクトなサイズと買いやすい価格で人気を博し、このジャンルの先駆者とも言えるのが、2013年に登場したホンダの「初代ヴェゼル」だろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな「ヴェゼル」がおよそ8年の時を経て、2代目へとフルモデルチェンジを果たした。はじめてその姿が公開された時点では、他メーカーのクロスオーバーSUVに似ているという意見も聞かれたが、いざ発売してみると圧倒的に人気で、すでに年内納車は難しいと言われるほどとなっている。

そこで今回はそんな人気の「新型ヴェゼル」を狙うのであれば、どのグレードがベストなのか考えてみたい。

ハイブリッドの「e:HEV」をメインにしたグレード構成

新型となったヴェゼルも先代と同じく、1.5リッターエンジンの純ガソリンエンジンモデルと、そこにモーターを組み合わせたe:HEVと呼ばれるハイブリッドモデルという2種類のパワートレインが用意されている。先代には、モデル途中で追加された1.5リッターガソリンターボモデルも存在していたが、新型ではラインナップから消滅しており、現時点では遅れて登場する予定もないそうだ。

ヴェゼルのリヤスタイリング(写真:ホンダ)

ここで気になるのが、それぞれのグレード体系だ。e:HEVには、「X」、「Z」、「PLaY」と、3つのグレードが用意されているのに対し、ガソリンモデルは「G」のみのモノグレードとなっている。さらに装備内容も「G」は、e:HEVのエントリーグレード「X」と同等のものとなっており、現状でガソリンモデルは廉価グレードという位置づけになっていると言わざるをえないだろう。

とはいえ、必要な装備はほとんど備わっているし、質感が大きく向上したにもかかわらず先代のガソリンモデルのベースグレードから16.5万円アップにとどめられているのだから、新型ヴェゼルのスタイリングにほれ込んだというユーザーであれば、購入しても不満が出ることはなさそうだ。

次ページe:HEVを狙うなら「Z」と「PLaY」の2択か?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT