トヨタ「新型アクア」を買うならどのグレードか?

購入コストを抑えるならX、充実の装備ならZ

2021年7月19日に発売した新型アクア。価格は198万円~259万8000円(写真:トヨタ自動車)

「プリウス」が2代目にフルモデルチェンジを果たしたタイミングで3ナンバー化したことにより、もっと小型のハイブリッド車を求める声に応えて2011年に登場した初代「アクア」。その使い勝手のよいボディサイズと、ハイブリッド車ながら手ごろな価格であることが受け、およそ10年にもわたる長いモデルライフを誇っていたが、2021年7月についに2世代目へとフルモデルチェンジを果たした。

基本的には、初代モデルのイメージを色濃く残し、ボディサイズの変更も最小限に収めているが、エンジンやモーターは一新され、初代には設定されることがなかった4WDモデルもラインナップした点が大きな違いとなる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

また、駆動用バッテリーにも一部のグレードを除き、車載バッテリーとしては世界初採用となるバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載。このバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載したグレードでは、アクセルペダル操作だけで車速をコントロールすることができる「快感ペダル」も備わっている。

もちろんプラットフォームも一新され、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームを採用することで、基本性能の大幅な底上げもなされており、先進安全装備の「Toyota Safety Sense」も全車標準装備となったことで安心感も大きく向上した。

ではそんな一新された新型アクアを購入しようとした場合、どのグレードを狙うのがベストなのだろうか?

設定グレードは「Z」「G」「X」「B」の4種類

新型アクアのリヤビュー。写真はZグレード(2WD)で、ボディカラーはクリアベージュメタリック(写真:トヨタ自動車)

新型アクアのグレードは、上から「Z」「G」「X」「B」と4種類あり、現段階では先代に設定されていたクロスオーバーSUV風の「Crossover」や、スポーツコンバージョンモデルの「GR SPORT」は設定されていない。全グレードで2WDモデルと電気式4WDの“E-Four”が選択可能で、4WDを選択するとグレードを問わず、19万8000円高となる。

次ページ4つあるグレードでお買い得なのはどれ?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT