トヨタ「カローラクロス」買うならどのグレード?

今買うなら最安のG"X"か、最上級のZの2択

9月14日に発売したカローラクロス。価格は、199万9000円~319万9000円(写真:トヨタ自動車)

カローラシリーズ初のSUVモデルという触れ込みで登場した「カローラクロス」。もはやとどまるところを知らない世界的なクロスオーバーSUVブームに乗じて「カローラよ、お前もか」と言いたくなるところだが、よくよく考えてみれば、カローラはつねにその時代に合ったモデルをリリースしていたのだ。

少し振り返ってみるだけでも、FF2ボックスの「カローラFX」や、全高の低いハードトップモデル「カローラセレス」、3列シートミニバンの「カローラスパシオ」と、その時代に合わせてさまざまな派生車種が存在していたのだった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

市場が必要としているならば、ということで登場したクロスオーバーSUVのカローラクロス。ボディサイズ的には「C-HR」以上「RAV4」未満といったところで、クーペフォルムのスタイリッシュなC-HRと、SUVとしてのそれなりの走破性を持ち合わせるRAV4の間を埋める車種として瞬く間に人気車種へと躍り出た。

ではそんなカローラクロスを狙うのであれば、どのグレードがベストバイなのだろうか?

ガソリンかハイブリッドか、4WDが必要かを決めたい

現在販売しているカローラシリーズ。セダンの「カローラ」、ステーションワゴンの「カローラツーリング」、5ドアハッチの「カローラスポーツ」にSUVの「カローラクロス」、さらに先代の「カローラフィールダー」「カローラアクシオ」も併売と充実のラインナップ(写真:トヨタ自動車)

まずパワートレインだが、現段階で日本向けのカローラクロスに用意されるものは、1.8Lのガソリンエンジンと1.8L+モーターのハイブリッド仕様の2種類のみ。基本的には、カローラシリーズに搭載されているものと共通のスペックとなっており、ほかのカローラシリーズに搭載される1.2Lターボや2.0Lガソリンエンジンはラインナップされず、トランスミッションは全車AT(ハイブリッドモデルは電気式無段変速機、ガソリンモデルはCVT)が組み合わされる。

ハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は、同一グレードで比較すると35万円となり、パワートレイン以外の装備に差はほとんどないため、価格差=パワートレインの違いということになるだろう。

カタログ燃費で比較すると、ハイブリッドが26.2km/Lに対し、ガソリンが14.4km/Lと圧倒的にハイブリッドモデルのほうが上だが、実燃費で価格差を回収するのは難しいため、ハイブリッドならではの優れた静粛性やモーターアシストによる力強い走り、いざというときは給電もすることができるアクセサリーコンセント(オプション)などの差異で選びたいところだ。

次ページグレードは3種類、ガソリンのみエントリーのG“X”が存在
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT