すでに10万台超!「ヤリスクロス」大ヒットの理由

発売タイミングも功を奏した発売1年の通信簿

2020年8月に発売された「ヤリスクロス」。価格は179.8万円~281.5万円(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(27枚)

トヨタ「ヤリスクロス」は、名前の通りコンパクトハッチバックの「ヤリス」から派生したコンパクトSUVだ。発売は2020年8月31日、すでに1年が経過している。

ヤリスと同じTNGAプラットフォーム(GA-B)を使い、同じ1.5リッターのガソリンエンジンと「THS-II」ハイブリッドパワートレインを搭載する。駆動方式は2WDと4WDを用意し、価格はガソリン車が179万8000円から244万1000円、ハイブリッド車が228万4000円から281万5000円だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

いわゆるBセグメントSUVであり、ライバルは日本車ではホンダ「ヴェゼル」、日産「キックス」、マツダ「CX-3」といったところ。海外でのライバルはルノー「キャプチャー」やフォルクスワーゲン「Tクロス」、海外専売となった日産「ジューク」あたりだ。

ヤリスクロスは日本だけでなく海外でも2021年半ばから発売を予定しており、ヨーロッパ市場向けはフランスで生産される。ヨーロッパを中心にBセグメントSUVは人気の高いクラスだから、トヨタが最後発として「ヤリスクロス」で勝負をかけるといった格好となった。

発売1年での販売台数、約11万台

国内発売から1年が経ち、街中でも見かけない日はないというほどに増えたヤリスクロス。販売台数は、どのぐらいなのだろうか。自販連のデータでは、ヤリスクロスを含むヤリスシリーズの2020年の販売は、15万1766台となっている。

この数字は、軽自動車を除いた登録車としては、ナンバー1だ。2位は、同じトヨタの「ライズ」で12万6038台。その差は、2万5728台である。

しかし、自販連が発表する数値はヤリスとヤリスクロスの合算だ。ヤリスクロス単体での販売はどのようなものか、トヨタに聞いたところ、以下のような数字が返ってきた。

1カ月のフルカウントが始まる発表翌月の2020年9月から2021年8月までの1年でいうと、10万9020台となる。「ヤリスクロスは売れているだろう」と予想はしていたが、発売1年間で11万台に迫る数字は、驚くほど大きなものだ。

2020年8月~2021年8月に販売された10万9240台のうち、ガソリン車とハイブリッド車の販売台数の内訳は、ガソリン車が37910台でハイブリッド71330台。その割合はざっくりと「1:2」で、ハイブリッドのほうが多く売れている。

次ページヤリス単体で1位は成し得なかった
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT