ホンダ「新型ヴェゼル」買うならどのグレード?

ハイブリッドメインのランナップでどう選ぶか

ヴェゼルe:HEV Zのインテリア(写真:ホンダ)

ハイブリッド仕様のe:HEVを狙うのであれば、実質「Z」か「PLaY」の2択と言ってもよさそうだ。もっともベーシックな「e:HEV X」は、265万8700円~という価格が魅力ではあるが、「e:HEV Z」を選ぶことで、コンビシート(フロントヒーター付)やヒーター付本革巻きステアリング、18インチアルミホイール、クリアブラック塗装バンパーガーニッシュといった見た目に関わる部分はもちろん、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートやブラインドスポットインフォメーション、LEDアクティブコーナリングライトといった機能面でも大幅なアップデートがなされる。それでいて価格差はおよそ24万円なのだから、非常に魅力的と言えるのではないだろうか。

特に最近では、残価設定クレジットで車両を購入するユーザーも少なくなく、24万円の価格差は分割払いにしてしまえばほとんど吸収されてしまうし、最後に車両を手放すタイミングでは間違いなく上級グレードのほうが高値になるはずだ。そう考えると、充実装備の満足度も踏まえて、「e:HEV Z」以上のグレードがオススメであることは言うまでもないだろう。

「e:HEV Z」と「e:HEV PLaY」の違いは?

では、「e:HEV Z」と「e:HEV PLaY」の違いはどこにあるのか? まずはコンビシートがグレージュの明るい色合いとなり、パノラマルーフも標準装備となることで、「PLaY」の名前の通り明るくアクティブな印象となる。また、ほかのグレードでは、メーカーオプションとなる「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」が標準装備となる点も大きな違いだ。

カタログ記載の価格でみると、「e:HEV Z」が289万8500円に対し、「e:HEV PLaY」は329万8900円と、かなり価格差があるように見えるが、「e:HEV Z」に前述の「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」のメーカーオプションをプラスすると311万8500円となり、その差はわずか18万円ほどとなる。

e:HEV PLaYのパノラマルーフと、インパネ+コンビシート(写真:ホンダ)

専用コンビシートとパノラマルーフが備わることを考えれば、妥当な価格差ということになり、これらの装備を魅力的に感じるユーザーにしてみれば、決して高いグレードとは言えないだろう。ただし、「e:HEV PLaY」は、4WDモデルが存在しないため、降雪地帯などで4WDを求めるユーザーには必然的に「e:HEV Z」がオススメとなってしまう。

従来のハイブリッドモデルの4WDは、リアはモーターで駆動する補助的な意味合いが強かったのだが、新型ヴェゼルのe:HEV 4WDは、ガソリンモデルと同様にリアタイヤをプロペラシャフトで直結したシステムを採用している。そのため、本格的な4WDが必要な地域のユーザーにもオススメできるものとなっているのである。

次ページメーカーオプションの選択肢は多くないが……
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT