ホンダ「新型ヴェゼル」買うならどのグレード?

ハイブリッドメインのランナップでどう選ぶか

ヴェゼルのラゲージスペース(写真:ホンダ)

新型ヴェゼルのメーカーオプションは、「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」と「ワイヤレス充電器」のセットオプション(e:HEV PLaY以外に設定)と、「プレミアムオーディオ(10スピーカー)」と「マルチビューカメラシステム」のセットオプション(e:HEV Zとe:HEV PLaYのHonda CONNECTディスプレー装着車に設定)の2種類しか存在しない。

「Honda CONNECTディスプレー」とは、いわゆるメーカーオプションのナビゲーションシステムであり、新世代コネクティッドサービスを活用することで、スマホがクルマのキーになるデジタルキーや自動地図更新、リモート操作なども使用可能となるもの。

これは「e:HEV PLaY」以外にメーカーセットオプションとなっているもので、その価格は22万円。一応、社外ナビ用に「ナビ装着スペシャルパッケージ」も用意されているが、ディーラーオプションのオススメナビである「9インチ プレミアム インターナビ」を装着すると、合計で21万1043円となるから、ほとんど価格差はないと言える。

また、残価設定クレジットで購入する際、残価の算出は、“車両本体価格の〇〇%”という計算になるのだが、この車両本体価格にはメーカーオプションは含まれるがディーラーオプションは含まれない。そのため、残価設定クレジットで購入を検討しているのであれば、メーカーオプションを選んでおいたほうが得策ということになる。

「プレミアムオーディオ(10スピーカー)」と「マルチビューカメラシステム」のセットオプションは12万7600円高となるもので、音楽にこだわりのあるユーザーであれば検討したい装備と言えるが注意点がひとつ。それは、トランクスペースの壁面にサブウーファーが埋め込まれるため、トランクスペースの横方向の余裕がなくなってしまう点だ。

新型ヴェゼルのベストチョイスは?

クーペスタイルで荷室がそこまで広くないヴェゼルは、ゴルフバッグを収納する際、この壁面のくぼみを活用するのだが、プレミアムオーディオを選択することでこの部分が使えず、ゴルフバッグを横に収納することができなくなってしまうのである。もちろんリアシートを倒せば、問題なく収納できるのだが、リアシートをそのままにゴルフバッグを収納したいと考えるユーザーは注意したいポイントだ。

ゴルフバッグの積載イメージ(写真:ホンダ)

ということで、新型ヴェゼルを狙う際、スタイリッシュな見た目にひかれて価格を抑えたいなら「G」、充実装備で4WDが必要であれば「e:HEV Z 4WD」、新型ヴェゼルらしさを満喫したいのであれば「e:HEV PLaY」という選択肢が現実的ではないだろうか。納期がかかるゆえに、後から後悔しないためにも、しっかり吟味してベストな1台を選んでいただきたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT