マツダ「CX-30」は、C-HRやヴェゼルに勝てるか

10月下旬に発売、アウディQ2とも真っ向勝負

10月下旬から国内で販売を開始するマツダの新型「CX-30」(撮影:梅谷秀司)

「CX-5に続いて、ブランドを牽引し、今後のマツダを支えていく極めて重要な商品だ」。マツダの丸本明社長は9月20日に都内で開いた発表会で新世代商品の第2弾となるCX-30への期待を語った。

マツダは新型のコンパクトSUV「CX-30」を同日、日本で初披露し、予約受注を開始した。CX-30は今年3月にジュネーブモーターショーで初公開され、今月から欧州で販売開始。今後、北米や中国など世界の各市場にも投入し、マツダとしては世界販売台数の3割を占める「CX-5」や2割強を占める「MAZDA3」に並ぶ基幹車種に育てる考えだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

CX-30のコンセプトは「どこへでも気軽に出かけられるジャストサイズの商品」で、都市部での使いやすさにこだわった。全長は4395mm、全幅は1795mm、全高は1540mmと、日本の立体駐車場に入るサイズだ。グローバル車種でありながらも、日本の道路環境にも適した作りになっている。

パワートレインには2.0リッターのガソリンエンジン、1.8リッターのディーゼルエンジンに加えて、新型の「SKYACTIV-X」の3タイプを用意。ガソリンとディーゼルの各タイプが10月24日、SKYACTIV-Xは2020年1月以降の発売を予定する。

C-HRやヴェゼルに真っ向勝負

開発責任者の佐賀尚人主査はCX-30の役割について、「マツダ車の入口として広く訴求したい」と話す。

マツダは2012年以降、「CX系」と呼ばれるSUVの商品群を拡充させて販売を伸ばしてきた。だが、全長が4200~4400mm程度とされるBCセグメントでは、小型SUVの需要を十分に取り切れていなかった。CX-3は1人や2人で乗る分にはいいが、家族で乗るには狭いという課題がある。一方、CX-5は全長4545mm、全幅1840mm、全高1690mmというサイズが都市部での利用には大きすぎることから、敬遠するユーザーもいる。

CX-30の後ろ姿(撮影:梅谷秀司)

現状このサイズのSUVでは、トヨタの「C-HR」やホンダの「ヴェゼル」の存在感が大きい。C-HRの販売はここ最近減速しているが、ヴェゼルとともに、今年1~7月は毎月4000台以上を販売し、SUV全体でもトップクラスの人気を誇ってきた。 

一方のマツダのCX-3は月間販売が1000台程度にとどまる。「世界的に見てもこのクラス(BCセグメント)の需要が一番伸びており、マツダとしても早い時期にラインナップを強化する必要があった」(佐賀主査)。CX-3とCX-5の中間に位置する新型車の投入は“マスト”だったと言える。

次ページCX-30の販売目標やターゲット層は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT