マツダ「CX-30」は、C-HRやヴェゼルに勝てるか

10月下旬に発売、アウディQ2とも真っ向勝負

CX-30の国内の月間販売目標は2500台。マツダの既存顧客の買い替え、追加購入が4割、新規客の購入が6割と想定する。既存顧客では、より広い空間が欲しいCX-3ユーザー、子どもが巣立ったなどの理由で車のダウンサイズをしたいCX-5ユーザーを主に想定する。

新規顧客のターゲットはC-HRやヴェゼルのユーザー、あるいはこうした車種の購入を検討している人だ。「これまでマツダに振り向いてもらえなかったヤングファミリーに取り回しのよさや使い勝手をアピールしていく」と、マツダ国内営業本部の齊藤圭介主幹は話す。

マツダは夫婦がともに運転することを想定し、運転が苦手な女性でも安心して運転できるように工夫をこらした。着座位置を高めに設定することで視認性を向上し、斜め前方の死角を減らした。車両後部のピラーの形状を工夫することで斜め後方の視界も広く確保している。

さらにラゲッジスペースにもこだわった。ヤングファミリーが乳幼児を連れて旅行や帰省をする時に必要な荷物を搭載できるように、C-HR(318リッター)やヴェゼル(393リッター)を上回る430リッターの大容量を確保。開口幅も1メートル以上と広く取り、ベビーカーやスーツケース、IKEAで買うような組み立て家具を積み込みやすいようにしている。

こうした運転のしやすさや室内空間の広さに加えて、マツダ車の強みの1つである「魂動(こどう)デザイン」にも磨きをかけた。柳澤亮チーフデザイナーは「世界で最も美しいクロスオーバーSUVを目指した」と話す。

アウディのQ2とも競合

CX-30のガソリンタイプは239万2500円(10%税込み)~、ディーゼルタイプは288万7500円(同)~で、C-HR(8%税込み229万円~297万9200円)やヴェゼル(同207万5000円~292万6000円)と価格的にも競合する。

他方、最新エンジンのSKYACTIV-Xを搭載したタイプは329万4500円~371万3600円(10%税込み)と輸入車の価格帯と重なる。マツダが特に意識するのはドイツのアウディ「Q2」だ。

次ページマツダだけが量産化に成功した独自技術
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT