下腹太りに悩む人は座りすぎの悪影響を知らない 筋トレやマッサージより深部リンパケアを

拡大
縮小
特に加齢によって、ぽっこりとお腹が出てしまうことに悩んでいる人は男女問わず少なくありません(写真:つむぎ/PIXTA)
男女問わず、やせたい部分の上位に入り続ける下腹。
ダイエット系のウェブ記事や雑誌の特集でも最も人気があり、痩身マッサージのメニューにも入ってくる部位ですが、じつは辛い筋トレや費用のかさむマッサージをしなくても、下腹を凹ませる有効な方法はあるようです。
YouTubeチャンネル登録者数10万人で、半年先まで予約が取れない整体師の永井峻氏が上梓した『不調が消えてやせる うるおう体のつくりかた』から一部抜粋、再編集してお届けします。

悩む人が多い「下腹やせ」に効果があるのは?

下腹が出ているという悩みは、来院された方々からも「何をしても下腹だけは落ちない」「ぽっこり出ているのが嫌」など、頻繁に耳にします。多くの人が気にしている部位だけに、下腹やせを実現するための方法として、筋トレやマッサージなど多種多様なものが紹介されるようになりました。その多くに目を通し実際に試してきましたが、私が10万件の施術や健康指導をするなかで、いちばん下腹やせに効果があったのは、体の深部で滞ったリンパのケアでした。

「リンパ?」と思われたかもしれません。

リンパと申し上げると多くの方は「何をするものかよくわからない」と仰り、健康情報に興味のある方は「体の老廃物を回収する体液」「マッサージで流すもの」などという認識があるようです。

じつはリンパには「浅いリンパ」と「深部リンパ」があり、マッサージなどで一般にリンパと呼んでいるのは皮膚のすぐ下を中心にめぐる「浅いリンパ」です。下腹やせに高い効果を示したのは、体の奥深くにある筋肉や臓器をめぐる「深部リンパ」のケアでした。

リンパの流れる深さについて触れる前に、まずリンパがどんなものかをご説明しましょう。

リンパのおもな役割は、数十兆あるとされる全身の細胞に必要なものを届ける「物流」です。血液も物流をこなしていますが、両者には違いがあります。血液が血管という高速道路で大量の荷物をすばやく運ぶ「大型トラック」なら、リンパは1つひとつの荷物をていねいに各家庭まで届ける「配達員」です。

次ページリンパは「配達」と「ゴミ収集」をする働きもの
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT