中国EC王者「アリババ」がベトナム市場に挑むワケ 現地の小売企業「ザ・クラウンX」の株式取得

✎ 1〜 ✎ 517 ✎ 518 ✎ 519 ✎ 最新
拡大
縮小
アリババは東南アジア市場に力を入れている(写真はラザダのベトナム版ウェブサイト)

5月18日、中国の電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(アリババ)と投資ファンドのベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが主導するコンソーシアムが、ベトナムの小売企業ザ・クラウンX(エックス)の5.5%の株式を4億ドル(約436億円)で取得したことが明らかになった。

ザ・クラウンXは2020年に、ベトナムのコングロマリット(複合企業)のマサングループ傘下で同国の大手食品・飲料メーカーであるマサン・コンシューマー・ホールディングスと、同国の小売り大手であるビンコマースとの合併で発足した。ベトナム全土で約2300店のコンビニエンスストアとスーパーを展開し、同国の小売市場でのシェアは約50%にも上る。

今回の投資の一環として、ザ・クラウンXはアリババ傘下の東南アジアEC企業であるラザダと提携し、ベトナムでEC事業を展開する。具体的な提携内容としては、ビンコマースがラザダのベトナム向けECサイトに出店し、実店舗の経営のデジタル化と、ECのユーザーを実店舗の集客につなげる施策などを実施、双方が物流プラットフォームを共同で使用する予定となっている。

中国国内のECユーザー数は頭打ち

アリババの東南アジア事業の投資責任者であるケニー・ホー氏は「わが社のECプラットフォームの運営ノウハウを生かすこと、そしてラザダのベトナム向けECプラットフォームと、マサンの実店舗の販売網を連携させることで、ベトナムの小売業界はますます発展していくだろう」とコメントした。

本記事は「財新」の提供記事です

アリババは、中国国内のECユーザー数が頭打ちに近づいているため、海外のユーザーの獲得に力を入れ始めている。同社の海外事業はラザダと全世界向けの卸売りECプラットフォームの全球速売通(アリ・エクスプレス)が2本柱であり、アリ・エクスプレスでは出店するサプライヤーの多くを中国企業が占めている。

アリババの海外事業は昨年から、急成長を続けている。2021年1~3月期の海外事業の売上高は94億9600万元(約1610億円)と前年同期比77%増加。ラザダの1~3月期の受注量は前年同期の2倍を超えた。

(財新記者:原瑞陽)
※原文の配信は5月19日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT