アリババが「果物」の物流倉庫を続々建設する訳

デジタル化で付加価値、農家の所得向上を支援

中国の都市部では果物が豊富に売られているが、収穫後の流通過程で廃棄される量も少なくない(写真はイメージ)

都市部の食卓に上る果物は流通過程での損耗が大きい。一説によれば、産地で収穫された果物のうち消費者の口に入るのは3分の1だけで、3分の1は選別ではねられ、3分の1は(売れ残るなどして)廃棄されるという。

そんななか、中国の電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(アリババ)が、デジタル化による果物の流通革命に乗り出した。産地の近くに大型の物流倉庫を建設し、選別作業などを効率化して損耗を減らすもくろみだ。

「2020年は中国国内に5カ所の物流倉庫を建設した。2021年も3~5カ所を建設する計画だ」。アリババのデジタル農業事業部のトップを務める李少華氏は、2020年12月18日に開かれた農業デジタル化のフォーラムでそう明らかにした。

李氏によれば、建設した5カ所の物流倉庫の所在地は雲南省昆明市、広西チワン族自治区南寧市、陝西省西安市、山東省淄博市、四川省成都市。今後さらに新疆ウイグル自治区、河北省、東北3省(遼寧省、吉林省、黒竜江省)での建設を目指しているという。

農産物の直接買い付けを10倍に拡大

例えば、昆明市のアリババの物流倉庫は総面積1万500平方メートルの広さを持ち、(デジタル技術を駆使した)自動選別装置の導入で1日100トンの果物を選別できる。雲南省各地で収穫された新鮮な果物を外観、重量、糖度などによってきめ細かく選別することで付加価値を高め、素早く箱詰めして全国各地に出荷している。

「流れ作業方式による選別の大規模化と標準化で、サプライチェーンの効率を高められる。流通過程での損耗を減らし、(所得水準が低い)農家の収入アップを図りたい」(李氏)

本記事は「財新」の提供記事です

アリババは2020年に傘下のECプラットフォームを通じて総額20億~30億元(約316億~474億円)の農産物を産地から直接買い付けた。李氏によれば、今後これを10倍の年間200億~300億元(約3160億~4740億円)に拡大する計画だ。

(財新記者:黄姝倫)
※原文の配信は2020年12月22日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT