秘策はノート「嫌な事から逃げない子」育てるコツ 大人の価値観押しつけず、成功体験を積ませる

拡大
縮小
スポーツなどにおける子どもの自己肯定感を高める訓練方法を解説します(写真:nashi/PIXTA)
「夢を持ってもすぐに諦めてしまう子」「自分なんてと自分を否定する子」に対して、どのように自信を持ってもらえばいいか、悩んでいる親も少なくないのではないでしょうか。こうした問題は「メンタルトレーニングで解決できる」と話すのが、メンタルトレーナーとしてスポーツをする子どもたちをサポートする清水利生氏です。「スポーツの本番に強くなる! 子どもメントレ」を上梓した清水氏が、自信の作り方について解説します。

「自分が選択したことではない」が逃げ道になる

「子どもが苦手なことからすぐ逃げてしまう」

そんな悩みを抱えている方は多いと聞きます。その根本には、「自分でやりたいと選択したのではなく、他人(親)が選択したことをやっている」 という前提があるのではないかと感じています。

親や指導者から言われることや与えられたことは、都合が悪くなると、すぐに他人のせいにしやすいものです。それは、「自分が選択したことではない」という前提が逃げ道になってしまっているためです。

私がサポートしたハルカさん(仮名)は、卓球をしている小学6年生です。小学3年生のころから姉が通う卓球教室に一緒に行き始めました。姉の背中を追いかけて頑張っていましたが、なかなか上達できず、次第に練習を休みがちになっていきました。

ハルカさんは諦め癖がつき、「帰りたい」とすぐ逃げてしまうのです。理由を聞くと、最初から好きで始めたわけではないし、特に目標もない。話を聞けば聞くほど「なぜ卓球をしているのだろう」と、こちらが疑問に思うくらいでした。

お母さんは卓球を好きになってほしいと考えていたようですが、すぐに好きになるのは難しいものです。ハルカさんには、卓球を使って成功体験を積んでもらい、自信を育てる楽しさを実感してもらおうと考えました。

次ページまず「自分との約束」を決めてもらう
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT