秘策はノート「嫌な事から逃げない子」育てるコツ

大人の価値観押しつけず、成功体験を積ませる

自己肯定感を育むための方法として、1つ提案したいのは、ライバルを作ることです。

私がサポートしている中学3年生のタカアキくん(仮名)、夢はサッカー選手になることです。でも、現状は自信が持てず、試合で実力を出せていません。次第に仲間とのコミュニケーションも取れなくなっていました。 練習すればするほど自分のイメージする姿とは程遠いことを実感し、自信を失っていくばかりだったのです。

彼はとうとう一生懸命やることすらばかばかしく感じてしまい、サッカーを本気でできなくなってしまいました。

「ライバルに勝つことを目標にしていた」

友人のプロスポーツ選手が話していた言葉を思い出した私は、彼にもライバル作りを提案しました。自分の理想という大きな目標だけを意識すると、自信を失ってしまうことは少なくありません。特に向上心が高い性格な人ほど、そんな状況に陥りやすいと感じます。 そんなとき、大きな目標への架け橋になってくれるのが「ライバルの存在」です。

小さな勝利を積み重ねることで自己肯定感が高まる

負けたくないと思えるライバルがいると、2人だけの小さな勝ち負けをたくさん味わうことができるからです。 小さな勝利を積み重ねることで「よし!」という感情を味わう機会が増えて、自己肯定感が高まっていき、自信が生まれてくるのです。

『スポーツの本番に強くなる! 子どもメントレ』(東洋館出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

つねに意識できる存在でいられるように、ライバルは身近(同じチーム)にいる人をオススメします。さらに、自分と境遇やレベルが近いと、なおいいでしょう。

「ライバルを作り、勝利ポイントを貯めていこう」

タカアキくんにそう伝えると、1カ月もしたら、いきいきとした表情でプレーしていました。ライバルを意識することによって、手の届く位置に目標設定がしやすくなったようです。「サッカーが楽しくなってきた」と、タカアキくん。サッカーに対する感情も変化していました。

ライバルを作ると競争心があおられるなどの効果もありますが、いちばんの効果は勝てるという成功体験を味わえることです。ゲームをやるときに、簡単なレベルからクリアしていく感覚に似ていますね。少しずつクリアを重ねていくうちに、できることが増え、自信を得て、楽しくなっていく感覚です。そうなれば、自然と夢中になっていくでしょう。

スポーツでも同じ心理状態だと思います。身近なライバルを意識することにより、一つひとつのプレーの質も向上します。ライバルより上回る、小さな勝利の積み重ねが、大きな自信へとつながっていくのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT