秘策はノート「嫌な事から逃げない子」育てるコツ

大人の価値観押しつけず、成功体験を積ませる

まず取り組んでもらったのは、自分で決めたことをやり抜くという経験でした。ハルカさんにはこれだけはやるという「自分との約束」を決めてもらいました。

ハルカさんが決めた約束は、「うまくいかなくても練習は休まない」 ということでした。「好きになる必要はない。練習に行き続けるという、自分で決めた約束は守ろう」と、約束を交わしました。

彼女と再会した半年後、中学生になっていました。彼女は卓球部へ入ったとのことでした。

ハルカさんは、「自分との約束を守っているうちに、嫌なことに耐えられるようになった」と、話してくれました。自分で決めたことを逃げずにやり続ける経験を積み、自己肯定感が育まれていったのです。

この自分との約束を「インサイドルール」と私は呼んでいます。これまでサポートした選手の中には、

「試合前に必ず部屋の掃除をする」

「毎朝5時に起きる」

といった、プライベートな内容のインサイドルールを設定していた例もあります。

壁を越えられる人間力を育てる

インサイドルールは「壁を越えることができる」という人間力を育てる力があります。「面倒くさい」「嫌だな」と感じるような内容をオススメします。競技面でも、生活面でも構いません。インサイドルールをきっかけにして、逃げそうなことに対しても、クリアしていけるメンタリティーを作っていきましょう。

この対策は将来壁にぶつかったとき、逃げずに立ち向かっていける自信を構築するものだと考えています。例えば、ノートに自分の感情、思考などを文字にして書き出すことで、心を整理することができます。ぜひ実際にノートに書き出してみて、自己肯定感を育んでいきましょう。

(画像提供:東洋館出版社)
次ページ大人の価値観ばかりを押しつけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT