多様化する弁護士の「生態」、弁護士量産で成果の一方、無視できないひずみも

多様化する弁護士の「生態」、弁護士量産で成果の一方、無視できないひずみも

「何となく相談しづらい」「依頼すればいくら取られるかわからなくてコワイ」--。今でも、弁護士に対する近寄りがたいイメージは根強い。弁護士とは“現代の科挙”ともいわれる超難関の司法試験を突破した選りすぐりのエリート。それゆえに法律業務を独占できる。弁護士とは希少資源であり、「資格」というよりは「身分」だった。

だが、弁護士の世界では今、大きな地殻変動が始まっている。司法試験の合格者数はかつての年間500人程度から、今では2000人以上。そのうち司法修習を終えて裁判官と検察官になる約200人を除いて、およそ9割が弁護士登録するため、弁護士人口は10年前と比べて約7割増の2万8811人(5月1日時点)へと急増した。

この“大増員”がもたらした成果は間違いなく大きい。1990年代には全国の地方・家庭裁判所支部のうち、弁護士がゼロもしくは1人しかいない地域が3分の1以上を占めるなど、多くの地方都市が深刻な弁護士過疎の状態にあった。それが今ではほぼ解消。弁護士1人当たりの国民数も欧米諸国の水準に向け改善基調にある。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。