多様化する弁護士の「生態」、弁護士量産で成果の一方、無視できないひずみも

印刷
A
A


 大増員での就職難が響き、業務上必要な教育、訓練を受けることができないままの弁護士も生まれているが、弁護士の質は一般の依頼者には判別できない。今後、能力不足の弁護士による「弁護過誤」の急増も懸念される。

本来、大増員とセットで開設された法科大学院(ロースクール)が、十分な教育を行い、その質を担保するはずだった。が、修了者からまるで合格者を輩出できない学校も出るなど、早くも制度矛盾の色が濃い。司法試験の合格率も見込みほど上がらず、学生からは「国家的詐欺」との悲鳴も上がる。

『週刊東洋経済』2010年5月22日号(2010年5月17日発売)の特集「弁護士超活用法」では、激動期の弁護士の実態を明らかにする。

[+図をクリックで拡大]

[+図をクリックで拡大]

(週刊東洋経済編集部)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT