多様化する弁護士の「生態」、弁護士量産で成果の一方、無視できないひずみも


 多様化も進んできた。従来はほとんど存在しなかった、民間企業の従業員として勤務する企業内弁護士も、ここ数年で徐々にではあるが増加している。任期付き公務員として、霞が関での法案作成など行政実務に携わる弁護士も出始めている。弁護士の活躍のフィールドは、もはや法律事務所にとどまらない。

その一方で急激な改革に伴う無視できないひずみも顕在化している。

合格者がかつての4倍増ともなれば、以前だったら決して合格できなかったレベルの弁護士が生まれてくることは、否定しようがない。実際、昨年の司法試験合格者で見ても、トップ合格と最下位合格の点数は400点以上も離れているのだ。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。