日本の政治家があまりにひどすぎる「3つの理由」 ワクチン接種で考えざるをえない「深刻な問題」

印刷
A
A

競馬である。

オークス(23日の東京競馬場第11レース、G1)。同レースは3歳牝馬のクラシック初戦である桜花賞(1600メートル)から2400メートルへと一気に伸びるから、距離適性が最も重要なファクターだと思われているが、それはまったくの間違いで、距離適性は一切無用なのである。

なぜなら、すべての馬が2400メートルは未経験であり、また興奮しやすい若い牝馬ということで、すべての馬に距離不安があるからだ。となると、前半はすべての騎手が、自分の馬が前半から飛ばさないように、抑えて競馬をする。

その結果、前半はジョギング、後半だけが競馬となる。だから、結局マイル戦と距離的なスタミナでは同等のものしか要求されないのである。どの馬にとっても最も重要で、最も懸案である結果、どの馬にとっても重要でなくなる、という大変興味深い現象が起きるのである。

結局、オークスで重要なのは気性だ。前半リラックスしてジョギングできるかどうか、競馬用語では、「かからないかどうか」がすべてだ。

オークス本命はソダシ、2番手は桜花賞上位の「あの馬」

本命はアイドルスターホース、ソダシ。血統的には距離不安の極みだが、気性的には制御が効く馬で、何の心配もない。鞍上の吉田隼人騎手は人生を賭けてこの馬に乗っているので、大丈夫だろう。競馬ブームの継続のためにも、スターホースの勝利を期待したい。

オークスの馬券予想は、したがって、ものすごく簡単で、桜花賞の着順通りを買えばよい。出てくれば、楽勝と思われた、サトノレイナスが意味不明のダービー挑戦(多分勝てない)をしたために、一気に混戦となった。

まあ、それはノイズとして、1番手はソダシなら2番手は桜花賞3着だったファインルージュ。こちらは、母親が短距離馬中の短距離馬で、自身も1200メートルでデビューしたため、人気がないが、むしろ馬券的にはチャンス。距離適性は無視してこれを2番手に。

桜花賞4着のアカイトリノムスメはこれら2頭に比べれば距離適性はありそうだが、桜花賞では4着だったので無視。距離というなら、徹底して長距離血統である「メジロ血統」のクールキャット。

素晴らしいレースを期待したい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT