「アフター・コロナ」は意外に明るい時代になる

今から100年前のアメリカが教えてくれる未来

1920年代を描いた代表作『華麗なるギャツビー』でギャツビーを演じるロバート・レッドフォード(右)。当時の好況を謳歌する人々も描かれている(写真:Collection Christophel/アフロ)

今年はどこへも行かない静かな正月を過ごした。『孤独のグルメ』の再放送を何度も見て、「箱根駅伝」はスタートからゴールまで見てしまった。本連載への年明けの「書き初め」には、少しばかり遠方をにらんだ「2020年代論」を語ってみたい。

アフター・コロナ時代は100年前のアメリカが参考に

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

この年末年始は、「コロナさえ終わってくれれば……」という挨拶をよく聞いた。正直、その通りである。そしてこれは信じていいと思うのだが、パンデミックはいつか必ず終わる。

とはいえ、アフター・コロナ時代がコロナ以前に戻るかというと、たぶんそうはいかないのであろう。2020年を境に、世界はくっきりと変わってしまうことになるはずである。

今から100年前にあたる1920年代のアメリカの歴史が、2020年代を生きるわれわれにとってのひとつの参考になりそうだ。1917年から1919年にかけてのアメリカでは、第1次世界大戦への参戦により11万6516人、スペイン風邪の流行により67万5000人が死亡した。

当時のアメリカの人口は1億人程度なので、実に総人口の1%に迫る人命が失われたことになる。Covid-19による全米の死者数は、本稿執筆時点で35万人といったところである。これも歴史を変えるには十分な規模と言えようが、ともあれ100年前のアメリカの「喪失感」は深かった。

1920年の大統領選挙では、オハイオ州選出の共和党上院議員、ウォーレン・ハーディングが出馬した。彼が掲げた選挙スローガンは「平常への回帰」(Return to Normalcy)であった。「もう二度と欧州へ戦争に出かけたりはしない、古き良き時代のアメリカに戻るのだ」というメッセージは、世界大戦とパンデミックに疲れた多くの国民の心に響いた。

前職のウッドロー・ウィルソン大統領(民主党)は、アメリカを第1次世界大戦参戦に導き、戦勝後のパリ講和会議では国際連盟を創設するなど八面六臂の大活躍で、1919年のノーベル平和賞も受賞している。ところがアメリカ議会は、国際連盟への加盟を拒否してしまう。ウィルソンは任期の最後は脳梗塞に倒れ、まったく精彩を欠いていた。

次ページ平常に戻れず、はじけてしまったアメリカ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT