PC前で「忙しい」と言う人ほど仕事をしていない

ビジネスパーソンの価値は「思考」の量で決まる

メールの送信も同じです。何をどう伝えるのか、文面を考えるのは「思考」です。そして考えた文面をキーボードで入力する行為が「作業」です。

この「思考」と「作業」は、「思考」→「作業」という流れのワンセットで行われたり、「思考」→「作業」→「思考」→「作業」と交互に繰り返したりします。そのため普段は分けて考えることが少ないのですが、パソコンを使う仕事はすべて、この2つに分解することができます。

メールの処理を例に、仕事の手順を分解してみましょう。通常は次のようなことを行うでしょう。 

・受信したメールを開く
・メールを読んで理解する
・その内容に対する返信を考える
・そして返信メールを書く
・メールを送信する
・対応が終わったメールは、別のメールフォルダに移動する

これを図にすると次のようになります。

見ておわかりのように、作業のプロセスの数のほうが多いですね。これがパソコンを触っているときの仕事の実情です。これを1日100通のメールに対して処理をすると、1日のほとんどの時間を「作業」に費やすことになることがおわかりいただけると思います。

仕事の成果は「思考」で決まる

仕事を「思考」と「作業」に分けて考えたとき、どちらがより付加価値の高い営みでしょうか。どちらがよりその人の仕事やキャリアに直結するでしょうか。それはもちろん「思考」です。

たとえば私は自分の席で、パソコンの画面を見ずに窓の外を見ながらぼーっとしていることがあります。ぼーっとしているというのは、傍から見るとそう見えるだけで、実はその間ずっと考えごと(思考)をしています。みなさんもそのようなことがあると思いますが、それを見て「暇そうにしている」と言われると心外ですよね。

一方で、パソコンの前で長時間忙しそうに仕事をしていたとしても、単にキーボードで入力するのに時間がかかっていたり、Excelの操作に苦労していたり、つまり「作業」に追われているのであれば、それらの時間は、付加価値を生み出すものではありません。むしろ「思考」に時間を割り当てるために、1秒でも短縮すべき不毛な時間です。

次ページパソコンを触る時間をゼロにしたい
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT