PC前で「忙しい」と言う人ほど仕事をしていない

ビジネスパーソンの価値は「思考」の量で決まる

ということは、パソコンの作業時間を少しでも考える時間に変換することができたなら、より価値の高い思考の時間に変えることができた、ということになるのです。

ですので、1日の多くの時間をパソコン作業に費やしているのは不毛なのです。5分でも10分でも思考の時間に変換することができれば、それはより価値の高い時間になるのです。

思考時間を増やせば思考力も高まる

毎日の仕事の中で思考の時間が増えれば増えるほど、付加価値の高い仕事の量が増えることになります。そして、それと同時に仕事の質も上がっていきます。これは、思考の実践トレーニングを積み重ねる量がどんどん増えるからです。頭の中でいろいろなケースを考えたり、仮説・検証をしたりしていると、思考スピードもどんどん速くなります。

仕事がデキる人、すごい人たちを見ていて、あの人たちは頭の回転が速い、と思うことがあると思いますが、それは普段からの思考の鍛錬の賜物なのです。

このように、毎日パソコンの前で「忙しい」と言っているときは、ただ作業に追われ、本当にあなたがやるべき、求められていることをできていないばかりか、自分を成長させることもできていない状態である可能性が高いのです。

くれぐれも、キーボードをたたいて仕事をした気にならないようにしてください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT