「コーヒーを夜中にも飲む人」に襲いかかる超危険

深夜のカフェイン摂取「脳にムチ打つ」のと同じ

コーヒーを夜中に飲んでしまう人に襲いかかる「危険」とは?(写真:jessie / PIXTA)

コーヒーやお茶、最近だとエナジードリンクなど、普段からカフェインが含まれるドリンクを飲む方は多いでしょう。

カフェインのメリットとしては、(1)覚醒効果(眠気防止効果)、(2)脂肪燃焼効果、(3)鎮痛効果、(4)食欲増進効果(胃酸分泌促進)などがあります。

コーヒーやお茶のすごいメリット

さらにコーヒーやお茶には、科学的にも病気の予防効果、寿命の延長効果などの健康効果が、多数報告されています。飲みすぎない、遅い時間に飲まない限りにおいて「コーヒーやお茶が健康にいい」ことは間違いないでしょう。私自身、コーヒーや中国茶をほぼ毎日飲んでいます。コーヒーにはクロロゲン酸、日本茶や中国茶にはカテキンなど、さまざまな種類のポリフェノールが大量に含まれています。

ポリフェノールは、植物に含まれる苦みや色素の成分で、自然界には5000種以上存在すると言われます。抗酸化作用が強く、活性酸素を減らし、動脈硬化や生活習慣病の予防にも役立ちます。

具体的には、継続的なコーヒーの飲用は、さまざまながんのリスクを50%以上低下させると言われています。心臓疾患リスクを44%低下、糖尿病リスクを50%低下、胆石、白内障などのリスクも減らし、さらには死亡率を16%減らすといった報告もあります。

また、コーヒーや緑茶は、メンタルへの予防効果が報告されています。コーヒーの飲用でうつ病リスクが20%減少、自殺の危険性が約50%減少、アルツハイマー病のリスクを65%低下させ、その発病や進行を2~5年遅くするという報告もあります。

日本では、緑茶を1日4杯以上飲む人は、1杯以下の人と比べて、うつ病リスクが半分になるという研究もあります。

次ページ「カフェインに頼るべきではない人」の特徴
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT