「コーヒーを夜中にも飲む人」に襲いかかる超危険 深夜のカフェイン摂取「脳にムチ打つ」のと同じ

拡大
縮小
コーヒーを夜中に飲んでしまう人に襲いかかる「危険」とは?(写真:jessie / PIXTA)

コーヒーやお茶、最近だとエナジードリンクなど、普段からカフェインが含まれるドリンクを飲む方は多いでしょう。

カフェインのメリットとしては、(1)覚醒効果(眠気防止効果)、(2)脂肪燃焼効果、(3)鎮痛効果、(4)食欲増進効果(胃酸分泌促進)などがあります。

コーヒーやお茶のすごいメリット

さらにコーヒーやお茶には、科学的にも病気の予防効果、寿命の延長効果などの健康効果が、多数報告されています。飲みすぎない、遅い時間に飲まない限りにおいて「コーヒーやお茶が健康にいい」ことは間違いないでしょう。私自身、コーヒーや中国茶をほぼ毎日飲んでいます。コーヒーにはクロロゲン酸、日本茶や中国茶にはカテキンなど、さまざまな種類のポリフェノールが大量に含まれています。

ポリフェノールは、植物に含まれる苦みや色素の成分で、自然界には5000種以上存在すると言われます。抗酸化作用が強く、活性酸素を減らし、動脈硬化や生活習慣病の予防にも役立ちます。

具体的には、継続的なコーヒーの飲用は、さまざまながんのリスクを50%以上低下させると言われています。心臓疾患リスクを44%低下、糖尿病リスクを50%低下、胆石、白内障などのリスクも減らし、さらには死亡率を16%減らすといった報告もあります。

また、コーヒーや緑茶は、メンタルへの予防効果が報告されています。コーヒーの飲用でうつ病リスクが20%減少、自殺の危険性が約50%減少、アルツハイマー病のリスクを65%低下させ、その発病や進行を2~5年遅くするという報告もあります。

日本では、緑茶を1日4杯以上飲む人は、1杯以下の人と比べて、うつ病リスクが半分になるという研究もあります。

次ページ「カフェインに頼るべきではない人」の特徴
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT